2016年03月12日

アーロと少年(原題:The Good Dinosaur)

good.jpg

監督:ピーター・ソーン
製作:デニス・リーム 
製作総指揮:ジョン・ラセター
声の出演(日本語吹替版):石川樹(アーロ)、安田成美(ママ)、山野井 仁(パパ)、松重豊(ブッチ)、八嶋智人(ナッシュ)、片桐はいり(ラムジー)

アーロは恐竜の子ども。パパとママと姉のリビー、兄のパックと一緒に暮らしています。末っ子のおちびで怖がりのアーロは、リビーやパックのように、上手にお手伝いができません。パパはアーロを外へ連れ出し、いろいろなことを教えてくれました。ある日川に落ちて流されてしまったアーロは、家からずいぶん離れてしまったことに気づきました。初めてひとりぼっちになりおなかはペコペコ、怖くてたまらないアーロを助けてくれたのは、小さな人間の子どもでした。

これまでに人間と動物がかたい友情で結ばれる話はたくさんありました。この作品では、絶滅せず進化して言葉や生きる知恵を持った恐竜と、まだ言葉を持たない人間が主人公です。言葉は共有しなくとも二人の心が通じていく過程を、素晴らしい自然の描写とともにじっくりと見せてくれます。身体は大きいのに甘えん坊のアーロと、小さな体なのに勇敢でサバイバルに長けたスポットとのコンビが成長していくストーリーは定番ともいえますが、次々と二人の前に現れる動物たちが魅力たっぷりで飽きさせません。アーロは大型の草食系恐竜、他に肉食系のTレックス、翼竜も登場します。言葉を持たないスポットが表情豊かで、その幼児体形も可愛さ倍増です。ご家族連れでもカップルでも楽しめるディズニー/ピクサー作品。(白)

2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/1時間41分(短編含む)
配給:ディズニー
(C)2015 Disney/Pixar.
http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html
★2016年3月12日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック