2016年02月28日

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章  原題:The Second Best Exotic Marigold Hotel

marigold2.jpg

監督:ジョン・マッデン
出演:ジュディ・デンチ、マギー・スミス、ビル・ナイ、デヴ・パテル、リチャード・ギア

インド、ジャイプールのマリーゴールド・ホテルの若きオーナー、ソニーは、事業拡大のためアメリカにやってきた。宿泊客から共同マネージャーとなったイギリス女性ミュリエルと共に投資会社を訪ねるが、まずい紅茶を出され、本物の紅茶は・・・と熱弁をふるうミュリエル。そんな彼女の姿に、投資会社社長は心を動かし、長期滞在型というコンセプトのマリーゴールド・ホテルに身分を伏せた鑑定人を送り込むという。
ソニーが帰国すると、予約なしの客が二人訪れる。母親の代理で下見に来たという女性と、小説を書きに来たという男性ガイ(リチャード・ギア)。ソニーは、ガイが鑑定人だと思い込む・・・

前作、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2011)で、老後をインドのエレガントなリゾートホテルで過ごそう!と、ネットの案内に惹かれてイギリスからやってきた7人のシニアたち。おんぼろホテルに最初はびっくりだったけれど、それぞれに楽しみ方を見つけました。7人のうちの5人は、今やすっかりマリーゴールド・ホテルの主になっています。
続編の本作のメインは、前作の最後に恋を実らせたマリーゴールド・ホテルの若きオーナーであるインド人青年ソニーと、スナイナ嬢の結婚式。1週間続くインド式結婚式をたっぷり楽しめます。
あらたな長期滞在客としてリチャード・ギアが登壇。自称小説家ですが、ほんとは何者?という役柄をひょうひょうと素敵に演じています。
ボリウッド映画お決まりの豪華なダンスシーンも、リチャード・ギアさまもしっかり楽しんでいます。
前作『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』を観ていない人には、冒頭のアメリカ出張の場面は、ちょっと唐突かも。前作の最後にめでたしめでたしとなったソニーとスナイナ嬢も、すんなり結婚式にこぎつけるので、もう少し山あり谷ありでもよかったかなと。そして、せっかくなら、ボリウッドのスターも登場させてほしかった! 夢のまた夢かもですが、アミターブ・バッチャンとリチャード・ギアの共演(饗宴!)が実現していたなら、これはもう卒倒ものですねぇ。 (咲)


2014年/イギリス・アメリカ/2時間3分/カラー/シネマスコープ
配給:20世紀フォックス映画
公式サイト:http://marigold-hotel.jp
★2016年3月4日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか 全国ロードショー
posted by sakiko at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック