2016年02月13日

ドラゴン・ブレイド(原題:天将雄師 英語題:Dragon Blade)

dragon.jpg

監督・脚本:ダニエル・リー
撮影:トニー・チャン
音楽:ヘンリー・ライ
出演:ジャッキー・チェン(フォ・アン)、ジョン・キューザック(ルシウス)、エイドリアン・ブロディ(ティベリウス)、リン・ポン(ムーン)、チェ・シウォン(イン)

前漢時代の中国。広大な砂漠地帯では36もの部族が互いに覇権を争い、抗争が続いていた。国境防衛と治安維持のために働く西域警備隊のフォ・アン隊長は、反対派に陥れられ部下とともに西域辺境の関所・雁門関へと送られてしまう。おなじころ、ローマ帝国のルシウス将軍は、暗殺された執政官クラッススの遺児ププリウスを守ってシルクロードへ逃れてきていた。雁門関で出会ったフォ・アンとルシウスは、互いの人となりに尊敬の念を抱き、友情をはぐくむようになった。二人の前に、ティベリウスが大軍を率いて現れる。実の父である執政官を暗殺し、さらに末の弟のププリウスの命も取るべく後を追ってきたのだ。

ジャッキー・チェン、ジョン・キューザック、エイドリアン・ブロディ共演と知って、いったいどんな物語なのか想像がつきませんでした。考えたら中国の西端はヨーロッパに面しており、中国から地中海沿岸までを結ぶシルクロードがあるのですから、戦乱の世にこんな交流があったとしても不思議はないのでした。映画は国際色豊かなキャストが終結し、巨額の製作費をかけた大作です。雄大なロケーションの中の戦闘シーンに男性は心躍るでしょう。二人のヒロインに慕われる役得なジャッキー、すがすがしいトルコブルーをきかせた衣装が素敵でした。

ジャッキーが芸名を成龍としたのが1976年、今年は40年です!!香港で大ヒットした『ドランク・モンキー 酔拳』(1978年)が翌年日本でも公開(『トラック野郎』との2本立て上映)されて、それまでのカンフー映画になかったコミカルで楽しい作風が子供たちにも大受け、我が家もファンでした。長い間第1戦で活躍し、香港アクション界をけん引してきたジャッキー、今後も元気で映画を作り続けていただきたいものです。
世界で日本だけ!ジャッキー最新作「ドラゴン・ブレイド」は“NG集付き”で上映決定 !(白)


2015年/中国・香港合作/カラー/シネスコ/103分
配給:ツイン
(C)2015 SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. SHENZHEN TENCENT VIDEO CULTURE COMMUNICATION LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
http://dragon-blade.com/
★2016年2月12日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック