2016年02月11日

火の山のマリア   原題:IXCANUL (VOLCANO)

hinoyama.jpg

監督・脚本:ハイロ・ブスタマンテ
出演:マリア・メルセデス・コロイ、マリア・テロン、マヌエル・アントゥン

グアテマラの高地、火山のふもと。17歳になるマヤ人のマリアは、農業を営む両親と暮らしている。借地での農業は農作物が収穫できなければ追い出されてしまう。両親はマリアを地主でコーヒー農園の主任であるイグナシオに嫁がせようとする。しかしマリアは、コーヒー農園で働く青年ぺぺに恋していて、アメリカに行くというぺぺに一緒に連れていって欲しいとせがむ。味見させてくれればと言われ処女を捧げるが、ぺぺは一人で行ってしまう。やがて身篭ったことを知るマリア。一方、農場では蛇の被害に悩まされていた。妊婦には蛇を追い出す力があるという迷信を信じて儀式を行うが・・・

古代マヤ文明が栄えたグアテマラ。昔ながらの習慣や伝統を守るマヤの人たちの暮らしが垣間見える。マリアの両親はスペイン語がわからず、地主のイグナシオは自分に都合のいいように通訳をします。さて、マリアの身篭った子はどうなるか・・・ 
原題は『火山』。監督はマリアの人物像を火山と同義語になることを目指したそうです。低い位置に置かれながら、自己を爆発させようとするマリア。神々しい雰囲気も感じさせてくれる映画。(咲)


第65回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(アルフレッド・バウワー賞)
2015年PKO OFF CAMERA映画祭 クラクフ映画賞
2015年ART FILM FEST 最優秀作品賞、最優秀女優賞(マリア・テロン)
2015年カルタヘナ国際映画祭 作品賞

2015年/グアテマラ・フランス/スコープサイズ/93分/カラー/1:1.85/5.1chデジタル/DCP/スペイン語・カクチケル語
字幕翻訳:八杉 佳穂/日本語字幕:西村美須寿
提供 ギャガ,新日本映画社/配給・宣伝 エスパース・サロウ
c Celine Croze
公式サイト:http://hinoyama.espace-sarou.com/
★2016年2月13日(土)、岩波ホールほか全国順次公開


posted by sakiko at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック