2016年02月05日

十字架

jujika.jpg

監督・脚本:五十嵐匠
原作:重松清「十字架」講談社刊
撮影:吉沢和晃
音楽:池谷仙克
主題歌:「その先のゴール」lecca
出演:小出恵介(真田祐/ユウ)、木村文乃(中川小百合/サユ)、富田靖子(藤井澄子)、永瀬正敏(藤井晴男)、小柴亮太(藤井駿介/フジシュン)、葉山奨之(藤井健介)、笛木優子(ユウの妻)、榎木孝明(田原)

中2の秋、フジシュンこと藤井俊介が命を絶ってしまった。クラスで執拗にいじめを受けていたことを知らなかった家族はうちひしがれる。遺書には当事者の3人のほか、親友としてユウ(真田祐)と、その日誕生日を迎えたサユ(中川小百合)の名前があった。何もしてやれなかったのに親友と呼ばれたユウ、自分の誕生日がフジシュンの命日になったサユは、フジシュンの思いを背負い続けることになった。フジシュンの父親は手を下した3人はもとより、いじめを見ていながら見ぬふりをした級友たちも許そうとはしない。母親は息子に繋がるユウとサユの来訪を喜び、思い出だけが支えだった。

重松清さんの原作に感動した五十嵐監督が、丁寧にリサーチをして脚本を書き、ワークショップで鍛えた中高生たちが多数出演して完成したのが本作です。中学生から20年後までを演じる主演の小出恵介さん、木村文乃さんの二人に、フジシュン役の小柴亮太君、息子を失った怒りをぶつける父親役の永瀬正敏さん、悲しみにくれる母親役の富田靖子さんと役者が揃っています。ロケに全面協力した茨城県筑西市の生徒たちにもご注目を。
これまでどれだけいじめのニュースを見て、聞いてきたことでしょう。政府発表ではいじめが原因での自殺は年間4人(本当に?)だそうですが、声をあげることもできずにずっと我慢している子がいるのでは、と思うとたまらない気持ちになります。他人の痛みを思いやれないほど、そんなにみんな不幸せなのでしょうか?
五十嵐監督にお話を伺いましたので、ウェブの特別記事と2月末発行の本誌96号で読んでいただけます。(白)

特別記事はこちら
http://www.cinemajournal.net/special/2016/juujika/index.html

2015年/日本/カラー/ビスタ/122分
配給:アイエス・フィールド
(C)重松清/講談社 (C)2015「十字架」製作委員会
http://www.jyujika.jp/
★2016年2月6日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック