2016年02月05日

ザ・ガンマン(原題:The Gunman)

the gunman.jpg

監督:ピエール・モレル
脚本:ドン・マクファーソン、ピート・トラビス、ショーン・ペン
原案:ジャン=パトリック・マンシェット
撮影:フラビオ・ラビアーノ
出演:ショーン・ペン(ジム・テリア)、ハビエル・バルデム(フェリックス)、イドリス・エルバ(バーンズ)、レイ・ウィンストン(スタンリー)、マーク・ライランス(コックス)、ジャスミン・トリンカ(アニー)

アフリカ、コンゴ共和国。特殊部隊の傭兵ジム・テリアに大臣暗殺の命令が下る。狙撃を成功させたジムは、身を隠すため恋人のアニーに会うこともなく国外へ逃亡せねばならなかった。8年後、ジムは手を汚した過去を償うように、アフリカでNGOの仕事に励んでいたが、アニーに別れも告げずに姿を消したことを忘れられずにいた。仕事中のジムを突然武装集団が襲い、何者かが自分の命を狙っていることに気づく。情報を得ようと、かつての仲間のコックスに再会し、暗殺任務の橋渡し役だったフェリックスが今はアニーを妻にしていることを知る。

2013年の『LIFE!/ライフ』でカメラマン役を観て以来のショーン・ペンが、なんと初のアクション作品に出演です。ピエール・モレル監督はリーアム・ニーソン(1952年生まれ)を『96時間』で走りまわらせた人。『パリより愛をこめて』(2010年)では、ジョン・トラヴォルタを暴力的なCIAエージェントに作り上げていましたっけ。
ショーン・ペンの筋肉に目を見張りました(1960年生まれなんですよ)が、お目見えしなかった間に、元傭兵役のために身体作りをしたようです。彼が出演を決め、制作にも参加して、次々と名優たちが集いました。クールなショーンに対して、ホットなハビエル・バルデムが橋渡し役として登場します。アニーを見つめる目が熱いのなんの!これで先の予想ができますね。『ブリッジ・オブ・スパイ』で絶賛されたマーク・ライランスも共演。(白)


2015年/アメリカ・スペイン・イギリス・フランス/カラー/シネスコ/115分
配給:クロックワークス
http://thegunman-movie.com/
A SPAIN/UK COPRODUCTION (c) 2015 PRONE GUNMAN AIE - NOSTROMO PICTURES SL - PRONE GUNMAN LIMITED
★2016年2月5日(金)新宿バルト9ほか全国公開
posted by shiraishi at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック