2016年01月23日

メモリーズ 追憶の剣(英題:Memories of the Sword)

memories.jpg

監督・脚本:パク・フンシク
撮影:キム・ビョンソ
武術監督:シン・ジェミョン
音楽:モグ
出演:イ・ビョンホン(ユベク)、チョン・ドヨン(ウォルソ)、キム・ゴウン(ホンイ)、ジュノ(ユル)、ペ・スビン(プンチョン)

身分に関わらず、力次第で覇者となれた高麗末期。ドッキ、プンチョン、ドッキの恋人ソルランの3人は最強の剣を携え反乱軍を導いていた。王の目前にせまったとき、ドッキの裏切りにより反乱は失敗。プンチョンと妻は命を落とし、ソルランはプンチョンの遺児と姿を消した。
 18年後、ドッキはユベクと名を変え権力の座を登り詰めようとしていた。武術大会に飛び入りした少女に、ソルランの太刀筋を認めたユベクは後を追う。少女はウォルソ(ソルラン)が親代わりとなって武術を教えてきたホンイ。ウォルソは、ユベクと自分が親の仇と打ち明けた。茫然とするホンイにプンチョンの形見の剣を渡し、次に会うときはどちらかが死ぬ、と言い放って袂を分かつ。

『王になった男』(2013年)の後、ハリウッド作品が続いていたイ・ビョンホンが久しぶりに時代劇に出演しました。衣を翻してのワイヤーアクション、野心に取り付かれた男が涙を見せるロマンスもやっぱり似合います。
『我が心のオルガン』(1999年/日本公開は06年)以来の共演というチョン・ドヨンは、『シークレット・サンシャイン』でカンヌ映画祭主演女優賞受賞。海外での評価も高いです。
運命に引き裂かれた悲恋の二人、そこまで厳しく思いつめなくても、と思ってしまうのは現代感覚。義を重んじる侠客は仲間を裏切ることは万死に値するのです。血は血で、と決意するソルランが悲愴でした。
伸びやかなホンイ役のキム・ゴウンはどこか安藤サクラ似で、いい女優さんになれそうです。2PMのイ・ジュノがホンイに手を貸す若き剣士でさわやか。ちょっとだけラブシーンあり。(白)


2015年/韓国/カラー/シネスコ/120分
配給:クロックワークス
(C) 2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://memories-movie.com/
★2016年1月23日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック