2016年01月20日

ザ・ウォーク(原題:The Walk)

the walk.jpg

監督:ロバート・ゼメキス
原作:フィリップ・プティ
脚本:ロバート・ゼメキス、クリストファー・ブラウン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:アラン・シルベストリ
出演:ジョセフ・ゴードン=レビット(フィリップ・プティ)、ベン・キングズレー(パパ・ルディ)、シャルロット・ルボン

子どものころから高いところが好きで綱渡りに魅せられていたフィリップ・プティは、学校や家庭の枠には納まっていられず、10代から大道芸人として身を立てていた。ある日目にしたアメリカのツインタワー建設計画の写真に釘付けになる。この地上411m、110階のワールドトレードセンターの二つのビルにワイヤーを張って綱渡りをする!とプティは決心する。パパ・ルディの指導のもと綱渡りの技術に磨きをかけ、強力してくれる友人を巻き込み、着々と準備をすすめていく。

フランスのあちこちの建築物で綱渡りを敢行し(犯罪です)、有名になっていたフィリップですが、このとてつもない夢はとうてい実現するとは思えませんでした。ところがフランスからニューヨークへわたり、建築中のビルの内部や人の動きなど事細かに観察し、調査して周到な準備をします。まるで銀行強盗計画みたい。そちらは少なくとも地に脚はついています。命綱もネットもないところで、横風でも受けたら、1歩踏み外したら・・・おしまいです。ああ、もう!と呆れながらも、それまでの苦労を見ているとしらずしらず応援したくなってしまいました。
ドキュメンタリーの『マン・オン・ワイヤー』(2008年/ジェームズ・マーシュ監督)を観たときに、フィリップとは逆に高いところの苦手な私は、気が知れないと思ったものです。ゼメキス版には高所恐怖症男子が出てくるので、親近感を抱きました。ドキュメンタリーは当時の画像や動画、インタビューなどで構成されてアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を獲得。白黒映像や静止画でも充分に脚がゾワゾワしましたが、ゼメキス監督渾身の3D映画で観られるとは!1974年当時のニューヨークの町並み、今はないワールドトレードセンターが忠実に再現されています。高いところの苦手な方、下を見たくなくても見えてしまうので、ご注意ください。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/123分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.thewalk-movie.jp/
★2016年1月23日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック