2016年01月16日

白鯨との闘い(原題:In the Heart of the Sea)

hakugei.jpg

監督:ロン・ハワード
原作:ナサニエル・フィルブリック
脚本:チャールズ・リービット
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
音楽:ロケ・バニョス
出演:クリス・ヘムズワース(オーウェン・チェイス)、ベンジャミン・ウォーカー(ジョージ・ポラード)、キリアン・マーフィ(マシュー・ジョイ)、ベン・ウィショー(ハーマン・メルヴィル)、トム・ホランド(トーマス・ニカーソン)、ブレンダン・グリーソン(トム・ニカーソン)

1819年、鯨油が灯火、燃料、さまざまな加工品に重用されていたころ。オーウェンは、捕鯨船エセックス号に乗り組むベテランの一等航海士。次の航海では船長に昇格できるはずだったが、約束は反故にされ、代々船長を担ってきたポラード家の長男が任命される。わだかまりはあったが、船乗りとしての誇りと、家族への愛情と責任を胸に、21名の仲間と共にオーウェンは出立する。ポラードの判断ミスから、洋上で嵐に遭遇した船は大きなダメージを受けてしまう。補給のため立ち寄った港町で悪魔と呼ばれる巨大な白い鯨の噂を聞く。まだ充分な成果の上がらないエセックス号は、鯨を求めて再び漕ぎ出していくのだが。

アメリカ文学の不朽の名作といわれる「白鯨」。そのモデルの海難事故をたんねんに追ったノンフィクション小説「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を原作に、ロン・ハワード監督が映画化しました。技術の進んだ今だからできる大迫力の映像に圧倒されました。
19世紀の帆船での捕鯨の様子がダイナミックに描かれる場面と、30数年後、ただ一人生き残っていた孤児のトーマスが、訪ねてきた小説家ハーマン・メルヴィルに語る回想場面とでなりたっています。クリス・ヘムズワース演じるオーウェンはじめ、個性的な乗組員たちのそれぞれのドラマが描かれます。悲劇的な状況の中でもなんとしても生き抜こうとあがく彼らが無事に帰還できますように、と祈るような思いで観ました。
ロン・ハワード監督が俳優として出演した『アメリカン・グラフティ』(1972/ジョージ・ルーカス監督)は今もサントラCDをときどき聞いているお気に入り映画です。あの細いおにいちゃんがこんなにヒット作を送り出す監督になるとは!(白)


2015年/アメリカ/カラー/ビスタ/122分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS ESERVED
http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie/
★2016年1月16日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー 2D3D同時公開
posted by shiraishi at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック