2016年01月10日

神なるオオカミ  原題:狼図騰  英題:WOLF TOTEM

kaminaru ookami.jpg

製作・監督・脚本:ジャン=ジャック・アノー (『セブン・イヤーズ・イン・チベット』『愛人 ラマン』)
出演:ウィリアム・フォン 、ショーン・ドウ、バーサンジャブ、アンヒニヤミ・ラグチャア

1967年、中国。文化大革命の下放政策で北京の知識青年チェン・ジン(ウィリアム・フォン)は、内モンゴルに赴く。伝統を重んじる族長ピリグのもとで放牧に明け暮れる日々。半年ほど経った頃、チェンはオオカミの縄張りに足を踏み入れ、凶暴なオオカミの群れに取り囲まれてしまう。死の恐怖を味わうが、一方でオオカミたちの統率の取れた威厳に満ちた姿に魅了される。やがてチェンは政府機関よりオオカミが害獣だとして駆除することを命じられる。チェンは見つけた赤ん坊の1匹を連れ帰り、「小狼(シャオラン)」と名付けて密かに育て始める・・・

内モンゴルの雄大な自然の中で繰り広げられる物語。原作は、著者ジャン・ロンが実体験をもとに30年かけて書き上げた小説「狼図騰(神なるオオカミ)」。中国のみならず世界110ヵ国で翻訳出版されたベストセラー。
都会育ちのチェンにとって過酷な環境での肉体労働を強いられた暮らしは大変だったはずなのに、下放された知識青年の苦悩がほとんど感じられなかった。そのことに観た直後、ちょっと物足りなさを感じたのだが、思えば、過去に観た映画の中の下放の描かれ方に捉われているのだと気がついた。もしかしたら、こんな風に下放された先で地元の民の知恵に感化された青年もいるのかもしれない。本作からは、遊牧の民が培ってきた大自然や動物たちと共存する術も垣間見ることができて、人は自然に逆らってはいけないことを強く感じた。
監督は、本作のロケに入る前に、まずオオカミを撮影に慣らすために2年かけたという。オオカミたちの飛ぶ姿は、息を飲む美しさ。神がかったようにも感じる風格だった。(咲)


文革で下放された青年の物語。冒頭、青年は都会から大自然の暮らしへの変化に
むしろ喜んでいる様子だった… 文革とは苦しいだけではなく、一部のひと達にとっては
嬉しかったのかもしれないと私の認識を新たにした…。そしてオオカミの演技?!が
素晴らしい!! この演技を観るだけでも一見の価値アリ。あんなに賢いオオカミが人間の
せいで滅んでしまったのでしょうか、信じたくないです、、 (千)



配給:ツイン
2015/中国・フランス/中国語・モンゴル語/121分
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016
★2016 年1月 ヒューマントラストシネマ渋谷およびシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2016」で上映後、全国公開  ※初回上映:1月12日(火)
posted by sakiko at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック