2016年01月10日

パディントン(原題:PADDINGTON)

padinton.jpg

監督:ポール・キング
原作:マイケル・ボンド
脚本:ハーミッシュ・マッコール、ポール・キング
撮影:エリック・ウィルソン
音楽:ニック・ウラタ
出演:ヒュー・ボネヴィル(ブラウンさん)、サリー・ホーキンス(ブラウン夫人)、ジュリー・ウォルターズ(バードさん)、ジム・ブロードベント(グルーバーさん)、ピーター・カパルディ(カリーさん)、ニコール・キッドマン(ミリセント)、ベン・ウィショー(パディントンの声)

ブラウン一家は、駅のホームでぽつねんと座っているクマに出会う。赤い帽子に青いダッフルコートの彼は、言葉を話し、とても礼儀正しい紳士だった。探検家に会いにペルーのジャングルから船に乗り、遠路はるばるロンドンにやってきたのだ。ブラウン夫人はすっかり同情し、家に招待することにした。クマ語の発音は難しいので、出会った駅にちなんで「パディントン」と名づけられる。ロンドンの暮らしはジャングルとはあまりにも違うため、悪気はないのに騒動を巻き起こしてしまうパディントン。尋ね人は見つかるのだろうか?

「クマのプーさん」と並んで世界中にファンのいる有名なクマの物語が初めて実写映画になりました。名前は知っていてもきちんと本を読んでいなかったので、今回初めてパディントンがペルー生まれのクマさんだったことを知りました。生れて初めて都会にやってきて、きょろきょろとロンドンの街並みを見る彼に、ロンドン旅行のときの自分が重なりました。建物がほんとにステキなのですよ。ブラウン家のインテリアや小物も可愛いです。
謎の悪女ミリセント役のニコール・キッドマンが、元夫のトム・クルーズばりのアクション(とっても有名なシーンなのですぐ気づきます)をしてくれるという大サービスもあり。
日本語吹き替え版は、松坂桃李(パディントン)、木村佳乃(ミリセント)、古田新太(ブラウンさん)、斉藤由貴(ブラウン夫人)、三戸なつめ(ジュディ)が声をあてています。(白)


2014年/イギリス/カラー/シネスコ/95分
配給:キノフィルムズ
(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited
http://paddington-movie.jp/
★2016年1月15日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック