2015年10月10日

海賊じいちゃんの贈りもの  原題:What We Did on Our Holi

kaizoku.jpg

監督・脚本:アンディ・ハミルトン、ガイ・ジェンキン
出演:ロザムンド・パイク、デビッド・テナント、ベン・ミラー、アメリア・ブルモア、ビリー・コノリー

ロンドンに住むマクラウド一家、父ダグと母アビー、そして長女ロッティ、長男ミッキー、末娘ジェスの5人は、子供たちのおじいちゃんの75歳の誕生日を祝うため、スコットランドに向かう。実はダグとアビーは別居中。離婚寸前なのをひた隠しにしての帰郷なのだ。故郷の家には、成金で世間体ばかりを気にする伯父、精神状態が不安定な伯母と、耳障りなヴァイオリンを弾き続けているその息子と、身勝手な大人ばかりが集まっている。それでも盛大な誕生会の準備が進んでいる中、3人の子どもたちはおじいちゃんと浜辺にドライブに行く。先祖は海賊だったと自慢するおじいちゃんの話に、子どもたちは心躍らせる。そんな中、思いもかけない事態が起こる・・・

予期せぬ事態に、子どもたちがとっさに取った行動は、まさに純粋な子ども心が引き起こすことなのですが、それが大きな波紋を呼びます。
何が起こるのか、そして、子どもたちがどんな対処をしたのか、ぜひ劇場で!
おじいちゃんのような自由な人生を送ってみたい! そして、子どもたちのように、いつまでもピュアな心を持ち続けたい! きっと、そんな気持ちになる物語。
といっても、3人の子どもたちは、ただただ純粋なのじゃない! それぞれタイプが違って、くそまじめだったり、皮肉れていたり、なんでも疑問に思ったりと、一筋縄ではいかないのも楽しい。それが子どもというものなのですねぇ。(咲)


配給:エスパース・サロウ
2014年/イギリス/1時間35分/ カラー/ビスタサイズ/DCP
公式サイト:http://kaizokujiichan.espace-sarou.com
★2015年10月10日(土)より角川シネマ新宿ほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック