2015年08月16日

かけがえのない人(原題:The Best of Me)

kakegae.jpg

監督:マイケル・ホフマン
原作:ニコラス・スパークス
撮影:オリヴァー・ステイプルトン
音楽:アーロン・ジグマン
出演:ミシェル・モナハン(アマンダ・コリアー)、ジェームズ・マースデン(ドーソン・コール)、ルーク・ブレイシー(若き日のドーソン)、リアナ・リベラト(若き日のアマンダ)、キャロライン・グッドオール(エヴリン)、ジェラルド・マクレイニー(タック)

ルイジアナ州の海上石油採掘基地で働くドーソンは、爆発事故に遭ったものの奇跡的に命をとりとめる。
海に浮かんでいるときも、入院中のベッドでも脳裏をよぎったのは20年前の恋人アマンダの面影だった。そんなときに、若き日の恩人であるタックが亡くなりドーソン宛の遺言があると知らせがきた。
粗暴な父と兄に虐待されていた高校生のドーソンを保護してくれたのがタックだった。その遺言とは、ドーソンとアマンダに一緒にやってほしいことがあるというもの。20年ぶりに再会したアマンダは結婚して子どももいたが、夫と心が通わなくなっていた。昔のままのドーソンに会って、かつての楽しかった日々が甦る。

これまでも多くの作品が映画化されている人気作家パニコラス・スパークスの小説が原作。高校生のころと、20年後に再会してからの二つのラブストーリーがほぼ等分に語られます。一本で2本分楽しめると言ってもいいでしょう。
主人公たちと同じアラフォー年代の方々が一番共感するかと思いますが、忘れられない初恋の思い出は誰もが心の奥底に秘めているはず。いっときラブストーリーに浸って若返ってください。
若いアマンダ役のリアナ・リベラトは6月末公開の『ハッピーエンドが書けるまで』で、晩生な高校生がとりこになるイケイケな女子高生のケイト。美人というより元気で可愛いタイプです。若いドーソン役のルーク・ブレイシーは『スパイ・レジェンド』でピアス・ブロスナンと一騎打ちもする若手の敏腕スパイでした。今回の長髪を見ると時代物のコスプレも似合いそうです。(白)


2014年/アメリカ/カラー/シネスコ/118分
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C)2014 Best of Me Productions, LLC All Rights Reserved
http://kakegaenonai.jp/
★2015年8月22日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開


posted by shiraishi at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック