2015年06月21日

20歳よ、もう一度   原題:重返20岁

20saiyo.jpg

監督:レスト・チェン(『花蓮の夏』)
出演:ヤン・ズーシャン(『So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』)、グァ・アーレイ(『ウェディング・バンケット』)、チェン・ボーリン(『台北に舞う雪』)、ルハン

70歳になるモンジュン(グァ・アーレイ)は、大学教授の息子と、プロのミュージシャンを目指す孫のチェンチン(ルハン)には甘いが、ほかの家族には口うるさい頑固なおばあちゃん。そのせいで嫁が倒れて入院してしまう。困った家族がモンジュンを老人ホームに入れようと相談しているのを知って、家を飛び出す。通りがかった写真館に飾られている写真に惹きつけられて中に入り、「一番綺麗だった頃を思い出して」と言われ写真を撮ってもらうと、なんと、そこには20歳の頃の自分がいた。人生をやり直そうと、名前もテレサ(ヤン・ズーシャン)と変える。
ある日、老人の集う馴染みのカフェで熱唱していたら、居合わせた音楽プロデューサーの ズーミン(チェン・ボーリン)に見込まれ、ちょうどボーカルがいなくて困っていた孫のチェンチンのバンドに加わることになる・・・

おばあちゃんが、突然20歳に!  
記憶にも新しい韓国映画『怪しい彼女』(2014年)と同じシチュエーション。
中国テイストでリメイクした本作、グァ・アーレイ演じるおばあちゃんは、なかなか上品。『怪しい彼女』のナ・ムニ演じる、いかにもの意地悪ばあさんとは一味違います。
シム・ウンギョンが20歳なのに、実は70歳という役を、歩く後姿で見事に体現していましたが、本作のヤン・ズーシャンはいかに? 
つい『怪しい彼女』と比べてしまいますが、なにより嬉しかったのは、チェン・ボーリンの登壇でしょうか・・・ 若い人には、韓国と中国で活躍する男性グループ「EXO(エクソ)」の元メンバー、ルハンの方ですね。
さて、私が今、20歳に逆戻りしたら、まず一番に何をしようかな・・・ (咲)



配給:CJ Entertainment Japan 
2015年/中国/132分
公式サイト: 20again-movie.jp 
★2015年6月12日(金)よりTOHOシネマズ新宿にて先行公開、6月19日 (金)より TOHOシネマズ日本橋その他で全国ロードショー


posted by sakiko at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック