2015年06月20日

雪の轍(わだち)   原題:Kış Uykusu(冬の眠り) 英題:Winter Sleep

yukinowadachi.jpg

監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
脚本:エブル・ジェイラン、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出演:ハルク・ビルギネル、メリサ・ソゼン、デメット・アクバァ、アイベルク・ペクジャン、セルハット・クルッチ、ネジャット・イシレル

トルコ、奇岩が美しいカッパドキア。
舞台俳優を引退したアイドゥンは、親の資産を受け継ぎ、洞窟ホテル「オセロ」の主として何不自由なく暮らしている。だが、若く美しい妻ニハルとは、お互い干渉しない生活が2年も続き、出戻った妹ネジラからは、色々と意見される日々だ。
ある日、車の窓に小石をぶつけられる。投げた少年が小川に落ち、家に送っていく。家はアイドゥンの貸家で、家賃滞納のため数日前に家具を差し押さえたと執事が言う。借主で少年の父イスマイルは刑務所帰りで職がない。「父上の時代には信頼で結ばれていた。強制執行する前に相談してほしかった」とイスマイルから恨みをぶつけられるが、アイドゥンにとって資産は使用人任せで初耳だった。
イスマイルの弟でイスラームの導師ハムディが、時折許しを求めてやってくる。両者の思いは平行線だ。
一方、自分の資産を当てにして慈善活動をしている妻ニハルとも分かち合えない。アイドゥンは、妻と距離を置く為、イスタンブルに行く決意をする。雪に閉ざされ、飛行機は欠航、列車も遅れている。アイドゥンはイスタンブルに行くのをやめ、やもめ暮らしをしている友人宅にころがりこむ。
夫の留守、ニハルは大金を持ってイスマイルの家を訪ねる・・・

196分、ひと言も聞き漏らすまいと、息を殺して画面に見入ってしまった。壮大な自然の中で、舞台劇のように物語が展開していく。
地元の新聞にエッセイを連載しているアイドゥン。コラムにイスラームの導師のことを「高尚文化の宗教を伝えてくれる存在・・・」と書きながら、ハムディ導師のことは、みすぼらしくて狡猾とけなす。それでいて、かつて舞台で演じた導師の役を「よく演じすぎたかな?」と妹に問うたりする。「外国にいたから見てない」と素っ気ない妹。
地方紙じゃなくて大きな新聞に書けばいいのにという妹に、「大新聞には興味ない」と強がりも見せる。
イスマイルとハムディの母親は、ニハルが訪ねていくと、家主の妻が差し押さえのテレビを返しに来てくれたのかと、「これで宗教番組が観れる」と歓迎する。
宗教的に保守的な者と、宗教に疎い世俗的な生活をする者が共存する社会は、トルコの縮図でもあるが、広く世界の縮図でもある。
夫と妻の関係にも目が離せない。アイドゥンとニハルのように歳が離れてなくても、どこの夫婦にもありえる心のすれ違い。
裕福なのに心が満たされない者、金はなくとも自尊心を失わない者・・・ 生きる意味を模索する人々の姿に釘付けになった。(咲)


◆公開記念トークショー
日時:6月28日(日)10:30の回上映終了後
登壇者:沼野充義さん(ロシア文学者)、亀山郁夫さん(ロシア文学者)
場所:角川シネマ有楽町

◆7/4(日)新宿武蔵野館でも、サラーム海上さん、『雪の轍』劇中に登場する日本人・村尾政樹さんのトークイベントが決定!

★『雪の轍』公開記念  ジェイラン映画祭 オープニングイベント

日程:7月8日(水)
会場:草月ホール(青山)
<プログラム内容>
プログラムA(昼)
13:30−16:00上映『繭』(20分)『五月の雲』(130分)
16:10−レクチャー
「トルコ文化の中の映画とヌリ・ビルゲ・ジェイラン」 
野中恵子(トルコ研究者/「都市を巡るトルコの歴史」著者)

プログラムB(夜)
18:00−トーク
「国際映画祭とトルコ映画 ヌリ・ビルゲ・ジェイランを中心に」
石坂健治(日本映画大学教授/東京国際映画祭アジア部門プログラミングディレクター)
市山尚三(東京フィルメックスプログラムディレクター)
矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミングディレクター)
19:00−21:30上映『繭』(20分)『五月の雲』(130分)

参加費:1プログラム  
一般1500円 / シニア・学生・アテネ・フランセ文化センター会員=1000円


★ヌリ・ビルゲ・ジェイラン映画祭2015
日程:9月29日(火)−10月3日(土)
会場:アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)
上映作品(予定):『カサバー町』(1997)、『冬の街』(2002)、『うつろいの季節(とき)』(2006)
『スリー・モンキーズ』(2008)、『昔々、アナトリアで』(2011)+シンポジウム実施予定。 
※詳細は7月8日(水)のオープニングイベントで発表


☆『昔々、アナトリアで』(2011)
*カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作
7月11日(土)より 【ワンコイン(500円) 1週間限定レイトショー】


2014年/トルコ・仏・独/196分/カラー/シネマスコープ
配給:ビターズ・エンド
協力:ターキッシュ エアラインズ
後援:トルコ大使館 / ユヌス・エムレ インスティテュート
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/wadachi
★2015年6月27日(土)、角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館 ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
村尾政樹(25歳)< 2016年7月24日時点>
神戸市灘区出身

2010年12月  「ここわらねっと」立ち上げ 任意団体
 ttp://kokowaranet.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
2014年 1月17日 子どもの貧困対策の推進 に関する法律 施行
2015年 6月27日「雪の轍(わだち)」公開  カンヌ最高賞受賞作品出演<映画.com> 
2015年 7月14日 神戸の村尾さん 支援財団スタッフに <神戸新聞NEXT>掲載
2016年 5月11日「あすのば」2015年 6月設立<琉球新報>掲載
2016年 7月24日 貧困と向き合う若者たち 生きづらさと闘う<毎日新聞>東京朝刊
 
Posted by at 2016年09月15日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421015378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック