2015年05月31日

エレファント・ソング(原題:Elephant Song)

elefant.jpg

監督:シャルル・ビナメ
脚本:ニコラス・ビヨン
撮影:ピエール・ギル
出演:グザヴィエ・ドラン(マイケル・アリーン)、ブルース・グリーンウッド(トビー・グリーン院長)、キャサリン・キーナー(スーザン・ピーターソン)、キャリー=アン・モス(オリビア)、コルム・フィオール(ジェームズ・ローレンス医師)

オペラ歌手だった母親を目の前でなくしてから精神病院に入っている青年マイケル。美しい見た目とは裏腹に病院一の問題患者だった。彼の主治医だったローレンス医師が出勤せず、行方がわからなくなった。グリーン院長は、マイケルを呼び事情を知らないか聞きただすことにした。普段からマイケルをよく見ている看護師長のスーザンは、院長にマイケルは茶化すだけで真実は話さないと忠告する。

戯曲を元に映画化した作品。俊英の誉れ高いグザヴィエ・ドランが今回は監督でなく、自ら出演を切望して俳優に徹しています。次々と繰り出されるウソとも真実とも取れるマイケルの言葉に翻弄される院長。子どものころに母親から愛されず、愛に飢えている心の奥に気づいてほしいマイケル。「これは僕だ」とドランが言ったのだそうですが、これまでの作品に通じる痛々しさがありました。彼はいつ爪を噛まなくなるのでしょう?久々にスクリーンで観たキャリー=アン・モス、『マトリックス』(1999)のトリニティ役で世界中に知られました。あいかわらずスタイルがいいです。(白)

2014年/カナダ/カラー/シネスコ/100分
配給:アップリンク
(c)Sebastien Raymond
www.uplink.co.jp/elephantsong/
★2015年6月6日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他、全国順次公開
posted by shiraishi at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック