2015年05月17日

ピッチ・パーフェクト(原題:Pitch Perfect)

pitch.jpg

監督:ジェイソン・ムーア
脚本:ケイ・キャノン
音楽:クリストフ・ベック、マーク・キリアン
出演:アナ・ケンドリック(ベッカ)、スカイラー・アスティン(ジェシー)、レベル・ウィルソン(ふとっちょエイミー)、アダム・ディバイン(バンパー)、アンナ・キャンプ(オーブリー)

バーデン大学の女性アカペラグループ“バーデン・ベラーズ”は存亡の危機にあり、新部長のオーブリーとクロエが1年生勧誘にやっきになっている。同大の教授をしている父親に妥協して入学したベッカは、音楽プロデューサーになるのを目標にしている。大学生活になんの期待もせず、来年は退学するつもりで大学ラジオ局のバイトだけが楽しみだった。
ベッカの歌唱力を見抜いたクロエはべラーズに誘い、ベッカのバイト仲間ジェシーも男性アカペラグループに入部した。個性的すぎる新しい部員とベッカは、伝統を重んじる部長のオーブリーの選曲に物足りなさを感じる。

音楽モノ、特にグループで目標を掲げ、到達するまでが描かれるのは「やった!」とこちらも満足できて楽しいです。仲間との軋轢や紆余曲折がドラマを盛り上げ、挿入されるいくつもの曲に気分はノリノリ、あれ、アゲアゲ? 楽器演奏なしのアカペラですが、口で楽器を表現したり、派手なパフォーマンスがついたり、様々なアレンジが見られます。
少女時代にミュージカルで頭角を現したアナ・ケンドリックほか、どの出演者も実力充分。存在感たっぷりの「太っちょエイミー」役のレベル・ウイルソンは好きな女優ですが、あんなによく動けて歌えるとは知りませんでした。
この作品は、カルチャー雑誌「GQ」にアカペラグループの記事を書いた編集者ミッキー・ラプキンの原作を映画化したものです。限定公開の後、人気に火がつき、拡大公開。続編制作も決定しました。本作のプロデューサーに名を連ね、アカペラ選手権シーンで辛口評を連発しているエリザベス・バンクスが続編の監督のようです。アメリカのテレビドラマ「glee/グリー」が好きだった方、特におススメ。(白)


2012年/アメリカ/カラー/シネスコ/112分
配給:武蔵野エンタテインメント
(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
http://pitch-perfect.jp/
★2015年5月29日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー


posted by shiraishi at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック