2015年05月10日

追憶と、踊りながら  原題:LILTING

tuiokuto.jpg

監督・脚本:ホン・カウ
出演:ベン・ウィショー(『パフューム ある人殺しの物語』)、チェン・ペイペイ(『グリーン・デスティニー』)、アンドリュー・レオン、モーヴェン・クリスティ、ナオミ・クリスティ、ピーター・ボウルズ

カンボジアの華僑だったジュン。29年前に夫と一人息子のカイと共にカンボジアを離れ、ロンドンに移住。夫を亡くし、女手ひとつで息子を育ててきたが、今はロンドンの介護ホームでひとり暮らし。英語があまり出来ないジュンにとって、時折訪ねてくる息子のカイだけが頼りだ。友達のリチャードと暮らしているカイに、ある日、「私をこんなホームに入れるなんて」と不満をぶつけると、「明日のディナーに来て」と何か言いたげなカイ。リチャードと愛し合っていることを母親に思い切って打ち明ける決心をしたのだ。でも、そのディナーが実現することはなかった。後日、リチャードが訪ねてきて、カイが交通事故で亡くなったことを伝える。カイを深く愛していたリチャードにとっても悲しい別れだったが、カイの友人を装ったままジュンを支えようと訪ねてきたのだ。リチャードは、ジュンに言い寄っている初老の男性アランのことを知って、言葉の通じない二人のために、中国女性ヴァンに通訳を頼み、二人の仲を取り持とうとする・・・

古風な花柄の壁紙の部屋に、李香蘭の歌う「夜来香」が流れている。いつごろの中国を舞台にした物語?と思ったら、舞台は現在のロンドン。一人息子のカイに先立たれたジュンが、時折息子のことを思い出す形で物語が進むので、時系列に整合性がなくて戸惑うことも。でも、日々の暮らしの中で、人は皆、こうしてふっと過去のことを思い出していると思えば、ごく自然な流れ。
中国語のわからないリチャードやアランにとって、中国女性ヴァンの通訳が頼り。思いのたけを語るそれぞれの言葉を、ヴァンはどれだけ正確に伝えているのでしょう。時には彼女の判断でオブラートを被せて通訳していることもあるのでは?と思う部分も。英語と中国語の両方がわかる人が観ると、より楽しめる映画だなぁと思いました。(字幕でも、そのあたり、結構楽しめます!)
故国を離れて、言葉も通じないところで、息子にも先立たれて人生の最後のステージを迎えることになったジュンに、毎日、花を持ってきてくれる素敵な男性の存在は嬉しいような、うっとうしいような・・・ 来日したホン・カウ監督にインタビューした折、「私もジュンの歳に近いから、ジュンの気持ちはよくわかります」とお伝えしたら大笑い。ジュンの選択はぜひ劇場で〜! (咲)


DSCF8678 tsuioku.JPG
ご自身はカイと違って、母親にきちんと打ち明けて受け入れて貰ったというホン・カウ監督。
来日中に新宿2丁目には是非行きたいとおっしゃっていたそうです。
監督インタビューは、Web版特別記事で!
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/418699562.html

2014年/イギリス/英語&北京語/カラー/1:2.35/5.1ch/86分 
配給:ムヴィオラ   
後援:ブリティッシュ・カウンシル
公式サイト:http://www.moviola.jp/tsuioku
★5月23日(土)より新宿武蔵野館、シネマ・ジャック&ベティほか全国順次ロードショー


posted by sakiko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック