2015年04月18日

パパ、遺伝子組み換えってなぁに?  原題:GMO OMG

idennsi.jpg

監督/脚本/編集:ジェレミー・セイファート 
出演:セイファート監督のファミリー、ジル=エリック・セラリー二、ヴァンダナ・シヴァ

3人の子どもを持ったことで“食”について考えるようになった映画監督のジェレミー・セイファート。2010年、ハイチでの大震災後、貧しいはずの農民たちが、寄付された種を燃やした事から、「遺伝子組み換え生物=GMO」に興味を持つ。アメリカでは表示義務がないため、GM食品の存在自体も知られていないのが現状だ。ジェレミーは家族と共に遺伝子組み換え食品の謎を解く旅にでる。
遺伝子組み換え市場シェア90%のモンサント本社、ノルウェーにある種を保管する“種子銀行”の巨大な冷凍貯蔵庫、GM食品の長期給餌の実験を行ったフランスのセラリーニ教授など、世界各地での取材を重ねるうちに、食産業の実態にジェレミーは言葉を失う・・・

監督の長男は種が大好きで、いろいろな種を整理して保存していて、それはもうびっくりの蒐集品。そのことも監督の興味を種に向かわせたそうです。種から出来る食べ物・・・ 人工的に遺伝子を組み換えた物は、やはり心配。だけど、知らない間に口にしてしまう恐ろしさ。ほんとに何を食べれば安全なのでしょう・・・ もうここまで生きてきた私はいいとして、これから成長する子どもたちには、ちゃんと安全なものを食べさせないと! 
これまでにも、『モンサントの不自然な食べもの』(2008年)などでも、遺伝子組み換え生物の恐ろしさは見せつけられてきました。それでも、まだまだ皆の意識に植え付けられたとは思えません。今一度、毎日食べる物のことを考えるきっかけにしたいものです。お子さまのいる方は是非! (咲)


原題:GOM OMG
遺伝子組み換え食品(GMO)をめぐる、オー・マイ・ゴッド(Oh! My God)な映画

配給・宣伝:アップリンク
協力:大地を守る会、生活クラブ生協、パルシステム生活協同組合連合会
字幕:藤本エリ、字幕協力:国際有機農業映画祭
2013年/アメリカ・ハイチ・ノルウェー/英語・スペイン語・ノルウェー語・フランス語/85分/カラー
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/gmo/
★2015年4月25日(土) より、渋谷アップリンク、名演小劇場ほか、全国順次公開


posted by sakiko at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック