2015年04月12日

ナオトひとりっきり Alone in Fukushima

naoto.jpg

監督・撮影・編集:中村真夕
出演:松村直登

原発から12kmの富岡町。原発事故後、住民は全て避難し、無人の街になったはずだったが・・・松村直登さん(55歳)は一人残ることにした。取り残された動物たち、犬、猫、牛、馬、ダチョウにエサをやりながら暮らしている。
元々は建設業だった松村さんは福島第1、第2原発の建設にも関わった。畜産家でもなく動物愛護家でもなかった彼がなぜ?と疑問をもった中村監督は1年間富岡町に通ってその姿を撮影していった。

人がいなくなって自由に繁殖している動物たち。ときどきイノブタも登場し、一人きりでも動物たちに囲まれている松村さんの毎日はどこかユーモラスでもあります。放射能汚染の影響はどうなのか?と心配しながら観ました。海外メディアではヒーローのように取り上げられたこと、日本のメディアではおおっぴらには報道できないらしいことなど知りました。松村さん宅の壁に、訪れた人たちのサインがあります。その中にあの方の名前が!あら?(白)

2014年/日本/カラー/98分
配給:アルゴ・ピクチャーズ
http://aloneinfukushima.com/

★2015年4月18日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー


posted by shiraishi at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック