2015年03月22日

傷だらけのふたり  英題:Man in Love

kizudarakeno.jpg

監督:ハン・ドンウク
出演:ファン・ジョンミン,ハン・ヘジン,クァク・ドウォン,チョン・マンシク,キム・ヘウン,ナム・イル,カン・ミナ

海沿いの町、群山(クンサン)。高利の金融会社テサン実業の部長テイルは、今日も借金の取り立てに忙しい。一見粗野だけど、回収したお金から子どもの月謝分だけ返してあげるような情に厚い男だ。ある日、病院に入院中で昏睡状態の男のところに取り立てにいく。部下たちが父親の寝ているベッドを引きずり出すのを必死になって阻止する娘ホジョン。テイルは無理矢理月利49%の覚書に捺印させるが、その時、40歳独身男のテイルはひと目でホジョンに恋に落ちていた・・・

恋に落ちる瞬間って、ほんとに突然やってくる! 甲斐甲斐しく父親の看病をしているホジョンに、男心をくすぐられたのでしょうね。最初は嫌がっていたホジョンも、毎日毎日勤め先の銀行の窓口にやってくるテイルに心を開いていきます。取り立て稼業のテイルと、純情な銀行員ホジョンの恋の行く末はぜひ劇場で!

ハン・ヘジンは、「がんばれ!クムスン」での明るく元気なシングルマザーや、「朱蒙」での商団を率いる気丈なお姫様が印象深いのですが、本作ではどこにでもいそうな銀行勤めの女性を好演しています。本作撮影後、年下のサッカー選手と結婚。
ファン・ジョンミンは、『新しき世界』では犯罪組織のナンバー2、本作では取り立て屋と、悪の社会で生きる男、一方、『国際市場で逢いましょう』では、離散した父親に代わって家族を必死になって支える純朴な男と、色々な顔を見せてくれて、活躍がめざましいです。悪の世界もなかなか似合いますが、私は「アクシデント・カップル」での、しがない郵便局員があこがれのトップ女優と偽装結婚するという小市民的な役どころが好きです。

P1050107.JPG

2014年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭では、『恋に落ちた男』のタイトルで上映されたのですが、ハン・ドンウク監督が来日。上映後のQ&Aで、「恋に落ちた経験は?」との問いに、「実は、この作品を作っている最中に激しい恋に落ちてしまって、今、ちょうど大恋愛中です!」と恥ずかしそうに明かしました。一見、本作の主人公同様、チンピラ風なのですが、とてもお茶目な方でした。 (咲)


配給:アルシネテラン
2014年/韓国/カラー/5.1ch/シネマスコープ/120分
公式サイト:http://www.alcine-terran.com/maninlove/
2015年4月4日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開
posted by sakiko at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック