2015年03月15日

カフェ・ド・フロール   原題:Cafe de Flore

cafe de flore.jpg

監督・脚本:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『ヴィクトリア女王 世紀の愛』) 
出演:ヴァネッサ・パラディ(『ジゴロ・イン・ニューヨーク』)、ケヴィン・パラン、エレーヌ・フローラン、エヴリーヌ・ブロシュ(『トム・アット・ザ・ファーム』)、マラン・ゲリエ   

現代のカナダ、モントリオールと、1969年のパリ。時代も場所も違う二つの物語が交差する・・・
現代のモントリオール。40代のアントワーヌ(ケヴィン・パラン)は、DJとして成功し、2人の娘と両親と何不自由なく暮らし、恋人ローズ(エヴリーヌ・ブロシュ)とも熱愛中。一方、彼の別れた妻キャロル(エレーヌ・フロラン)は離婚して2年経っても、運命の相手だと信じていたアントワーヌの心変わりを受け入れられないでいた。

1969年、パリ。
美容師のジャクリーヌ(ヴァネッサ・パラディ)は、女手一つでダウン症の息子ローランを育てている。息子を普通学校に通わせ、できるだけ健常の子と同じようにさせたいと努力していた。ある日、ローランのクラスにダウン症の少女ヴェラが転入してくる。すぐに惹かれ合い、親しくなる二人を学校側は問題視する・・・

二つの物語が入れ替わり入れ替わり出てくる上に、現代の物語は、永遠に愛し合うことを誓った二人が、なぜ別れるに至ったか、過去にさかのぼるので、もう、何がなんだかクラクラ。キーになっているのは、「カフェ・ド・フロール」という曲らしい・・・ もう一度観て、謎解きできるか自信がないです。ご覧になる方、どうぞ謎解きに挑戦してみてください!(咲)

2011年/カナダ・フランス/ カラー/シネスコ/5.1ch/120分
配給:ファインフィルムズ
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/cafe/
★2015年3月28日(土)YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開


posted by sakiko at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック