2015年02月08日

スキマスキ

sukimasuki.jpg

監督・脚本:吉田浩太
原作:宇仁田ゆみ「スキマスキ」
出演:町田啓太(ヘイサク)、佐々木心音(文緒)、中村映里子(華)、八木将康(マサジ)、久住翠希(キンタ)

大学生のヘイサクは、大きな声では言えないが「スキマ」が大好きだ。とにかくスキマがあると覗かずにいられない。向かいのアパートに気になる女の子が住んでいる。彼女の部屋はヘイサクの部屋からよく見える場所にある。そこのカーテンがいつもちょっとだけ開いていて、そのスキマから彼女の生活がやっぱりちょっとだけ見えるのだ。あー、気になる!見ちゃいけない、いや見たい!悶々としていたある日、その彼女、文緒ちゃんと急接近するという奇跡が起きた。

「劇団EXILE」の町田啓太くん初主演作。ヘイサクはバカというかアホというか…な男の子なんですが、そこには「愛すべき」がつきます。「バカだね、ほんとに」と言いながらかまいたくなるような。いやもうなんだかほんとに可愛いので、ヘイサク/町田啓太くんには「息子(孫)にしたいで賞」を贈ります。スキマから隙だらけの女の子・文緒を見せてくれた佐々木心音さんは『フィギュアなあなた』で“全部見せ”でしたが、“ちょい見せ”の今回がやはり可愛いエロさ加減です。考えるべきところはちゃんと考えている文緒を好演していました。
まだデジカメやスマホが普及していないころの原作なので、ノートパソコンは出てきますが、携帯電話とフィルムのカメラです。みんな今風にしてしまうと、ストーリーからなくなるものが出てくるので監督は工夫されたんじゃないでしょうか。フェチとエロをすっきり描く吉田監督印のラブコメです。(白)


2015/日本/カラー/82分
配給:AMGエンタテインメント
(C) 2015 宇仁田ゆみ・小学館/「スキマスキ」製作委員会
http://sukima-suki.com/
★2015年2月7日(土) シネマート六本木・シネマート心斎橋にて公開


posted by shiraishi at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック