2015年01月30日

繕い裁つ人

tukuroi.jpg

監督:三島有紀子
原作:池辺葵
脚本:林民夫
撮影:阿部一孝
美術:黒瀧きみえ
衣装デザイン:伊藤佐智子
音楽:小林洋平
主題歌:平井堅「切手のないおくりもの」
出演:中谷美紀(南市江)、三浦貴大(藤井)、片桐はいり(牧葵)、黒木華(葉子)、杉咲花(ゆき)、中尾ミエ(泉先生)、伊武雅刀(橋本)、余貴美子(南広江)

神戸の坂の上にある南洋裁店。2代目店主の市江は、初代の祖母が残した顧客と型紙を大切に守り、その人のためだけの一点ものを仕立てている。いつもは祖母の代からの顧客の仕立て直しやサイズ直し、友人の店に置くわずかな新作はいつも完売。大手百貨店に勤める藤井は市江の腕にほれ込み、ブランド化を薦めるが、市江は「着る人の顔の見えない洋服は作らない」と断り続ける。藤井は市江を「頑固じじい」のような人だと言いつつ、根気良く日参する。

原作の動きの少ない静かな画風が、どうやって映画化されるのだろうと楽しみでした。三島監督がこだわったキャスティング、中谷美紀さんに頑固な仕立職人の市江が見事に重なりました。家事は母親にまかせきり、浮世離れしたところにユーモアが漂います。もっと若かったら私もあのチーズケーキ注文するんだけど・・・。
住まい兼アトリエの洋館、重要なアイテムの洋服、特に市江の衣装が素敵。ときおり挟まれる神戸の街の風景と人々がしっくり合っています。夜会のシーンが異質ですが、年に一度のファンタジー空間だからいいか。(白)

生まれ育った神戸を舞台にした『縫い裁つ人』。町のどこが出てくるかしらとドキドキ。
三浦貴大演じる藤井が勤める大丸百貨店は、元町入口のすぐそば。反対側は居留地で、まさに神戸の繁華街のど真ん中。大丸の中に入ると、←海側 山側→ という表示が各階にあって、神戸らしいなぁ〜と感じます。
山に向かって上っていって振り返ると海が見えるのが神戸の町。学校が山の中腹にあって、よく授業中に脇見をして海を眺めたものです。私が住んでいた頃は、阪急電車より少し上の我が家からも、海が見えたのですが、今は埋め立てて六甲アイランドが出来て、海が遠くなってしまいました。『縫い裁つ人』では、藤井が南洋裁店に向かう道を、正面に山が見えて後ろに海が見える住宅街の坂道をあちこちロケハンして決めたそうですが、電線が多いのがちょっと気になりました。
神戸には素敵な洋館がたくさんあるのですが、今回の南洋裁店に仕立てた川西市の旧平賀邸は知りませんでした。歴史的建造物として公開されているそうですので、次回、神戸に帰ったときに是非訪れてみようと思います。
懐かしい神戸の風景もさりながら、『縫い裁つ人』を観ていて思い出したのは、洋裁の得意な母がミシンを踏んでいた後姿。神戸の有名子供服メーカーの下請けをしていたこともあって、私たち姉妹の服もいつも母のお手製の可愛らしいものでした。
そして、父の背広も当時は仕立てていて、父に連れられていったテーラーが海岸通りにあったような気がして、父に尋ねたら、元町通りの風月堂の近くだったとのこと。その店のハンガーがまだあるはずと、今、探しています! (追伸: テーラー末広屋でした!)
神戸を舞台にした『少年H』でも、父親はテーラーの仕事をしていましたね。かつては仕立てるのが当たり前の世界だったのに、大量生産の既製服時代になって、丁寧な手仕事の出来る職人が少なくなったのは寂しいことです。
ミシンも、コンパクトなポータブルになりましたが、ちょうど昨日お会いした80歳のご婦人が「重くて机の上に持ち上げるのが大変で、昔のミシンはいつでも使えてよかったわ」とおっしゃっていました。私にいたっては、母が買ってくれたポータブルミシンの箱も開けていません・・・ 『繕い裁つ人』が手作りの良さを見直すきっかけになるといいなと思います。(咲)


2014年/日本/カラー/ビスタ/104分
配給:ギャガ
(c)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
http://tsukuroi.gaga.ne.jp/

★2015年1月31日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック