2015年01月30日

ドラフト・デイ(原題:Draft Day)

draftday.jpg


監督・製作:アイヴァン・ライトマン
音楽:ジョン・デブニー
出演:ケヴィン・コスナー(サニー・ウィーバー・Jr.)、ジェニファー・ガーナー(アリ)、デニス・リアリー(ペン監督)、フランク・ランジェラ(フランク・モリーナ)、エレン・バーステイン(バーブ・ウィーバー)

サニー・ウィーバー・Jr.の長い1日が始まった。アメリカンフットボールのプロリーグ、NFLに所属するクリーブランド・ブラウンズのGM(ゼネラル・マネージャー)の彼は1年で1番重要な日を迎えていたのだ。ドラフト会議が始まるのは12時間後。名将と呼ばれた父が亡くなって、成績の振るわないチームを立て直さなければならない。誰もが期待している大物ルーキーの獲得が急務のサニーに、ライバル・チームのGMから足元を見たトレード話がもちかけられた。応じた結果、オーナーから、監督から、次々と電話や要求が入ってくる。しかも、実の母親までが彼をかき乱し、時間は容赦なく進んでいく。ますます追い詰められていくサニーが下した決断は?

この映画で初めてNFL(ナショナルフットボールリーグ)のドラフト会議を知りました。日本でもプロ野球のドラフトは話題になりますが、方法が全く違うんですね。お金のある大きなチームが有利とは言えないこと。当日にどんでんがえしも「あり」なこと。それはひとえにGM(ゼネラルマネージャー)の知恵を総動員した駆け引きによること。もっといろいろ複雑に絡んでくるのでしょうが、とりあえず↓をおさえておきましょう。

ドラフト会議3つのポイント
◎指名順は前年のレギュラーシーズンの成績が悪かった順
◎指名権のトレードができる
◎指名をするための持ち時間は「わずか10分間」


銃撃戦やカーチェイスや殺人事件がなくてもたっぷりとスリルが味わえる作品です。(白)


2014年/アメリカ/カラー/シネスコ/110分
配給:キノフィルムズ
(c)2014 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
http://draft-movie.com/

★2015年1月30日(金)、TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック