2015年01月29日

激戦 ハート・オブ・ファイト(原題:激戦 Unbeatable)

gekisen.JPG

監督・原案:ダンテ・ラム
出演:ニック・チョン(ファイ)、エディ・ポン(スーチー)、メイ・ティン(クワン)、ワン・バオ(チャ)、クリスタル・リー(シウタン)

ボクシング界でチャンピオンまで上り詰めながら、八百長に関与したと栄光の座から転落したファイ。借金取りに追われた挙句マカオへと逃げ、ジムの下働きにありついた。ファイが間借りしているのは、娘と2人暮らしのクワンの家。クワンは不注意から幼い息子を亡くし、夫から捨てられて心身が不安定になった女だった。小学生のシウタンはそんな母親を支えて暮らしている。日雇いのスーチーは元は資産家の御曹司だったが、父が破産して激変した生活から抜け出そうともがいている。MMM(総合格闘技)の高額な賞金を知ったスーチーは、再起をかけようとファイの働くジムを訪れる。

心も暮らしもどん底のファイとクワンとスーチーの3人。這い上がろうとするスーチーに手を貸したファイも、激しい特訓をしながら甦っていく。心が壊れたままに見えたクワンも、娘が懐くファイに信頼を寄せ、わずかずつ笑顔を取り戻す…と話は進み、お約束のように試練がやってきます。
ダンテ・ラム監督といえば警察・黒社会・銃撃・アクションと浮かんできますが、この作品は人間ドラマに重きが置かれています。それに加えてニック・チョンとエディ・ポンの鍛え上げた身体と、特訓を重ねたという格闘技に目を見張りました。
2013年の東京国際映画祭でいちはやく上映、公開までしばらくかかってしまいましたが忘れっぽい筆者にも強い印象を残しています。香港でも大ヒットし、「香港電影金像奨」ではニック・チョンが主演男優賞を受賞しています。授賞式の記事はこちら。(白)

大規模カジノや高層ビルが林立して、すっかり様相の変わってしまったマカオですが、ファイが身を寄せたアパートは、古びた一角。椰子の木並木のある昔ながらの面影を残す海沿いをジョギングしている場面もありました。
ボクシングや総合格闘技ときいて、ちょっと引いてしまったのですが、ニック・チョンが金像奨で主演男優賞を取ったとあっては逃せない!と観てみました。心に傷を負った男二人と母娘が心を通い合わせていく素敵な物語でした。サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」をポーランドのアニア・ダブロウスカがカヴァーした曲がしみじみと心に響きます。格闘技が苦手な方にもお勧めです。(咲)


2013年/中国・香港/カラー/116分
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
(C)2013 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.
http://gekisen-movie.jp/

★2015年1月24日(土)より新宿武蔵野館ほかにて新春第2弾ロードショー
posted by shiraishi at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック