2015年01月29日

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(原題:What We Do in the Shadows)

sheahousevanpaia.jpg

監督・脚本:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
出演:タイカ・ワイティティ(ヴィアゴ)、ジェマイン・クレメント(ヴラド)、ジョナサン・ブローディー(コン)、コリ・ゴンザレス=マクエル(ニック)、スチュー・ラザフォード(スチュー)

ニュージーランの首都ウェリントンで共同生活を送っている4人の男たち。昼間は動かずに夜になると元気一杯で活動する。そう、彼らは現代のヴァンパイアなのだ!ヴィアゴ(379歳)、ディーコン(183歳)、ヴラド(862歳)、ピーター(8000歳)。ゆるく楽しく仲良く暮らしていたある晩、ピーターが大学生のニックをうっかり甘噛みしてしまい、ヴァンパイアに変えてしまった!
ヴァンパイアになりたてのニックは何かと問題の種を蒔く。親友のスチュー(人間)をシェアハウスに招き入れてしまった。ホッペが赤くて血色の良いスチューに思わず喉がごっくん…の4人、さてど〜なる?!

ドキュメンタリー風の作りです。ヴィアゴがこちらに向かって話しかけ、「お宅拝見」番組のように、各部屋とシェア友達を紹介していきます。この人懐こい舌足らずなヴィアゴはちょうど中間管理職のような立場で、年上と年下のパイプ役をつとめているようす。個性的という言葉でおさまらない濃い面々とパロディ満載のストーリー。仲良くシェア?というかミックス?されたゆるさとぶっ飛び加減に大笑いしました。監督・脚本を兼ねているタイカ・ワイティティとジェマイン・クレメントのほかの作品も観たくなります。「なにこれ?!」と観始めて、観終わると大好きになっていることうけあい。各地の映画祭で観客賞を受賞しています。(白)

2014年/ニュージーランド/カラー//85分
配給:松竹メディア事業部
(C)Shadow Pictures Ltd MMXIV
http://www.shochiku.co.jp/swv/

★2015年1月24日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー


posted by shiraishi at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック