2014年12月28日

シン・シティ 復讐の女神(原題:Sin City: A Dame to Kill For)

sin.jpg

監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
原作・脚本:フランク・ミラー
撮影:ロバート・ロドリゲス
出演:ミッキー・ローク(マーヴ)、ジェシカ・アルバ(ナンシー・キャラハン)、ジョシュ・ブローリン(ドワイト・マッカーシー)、ジョセフ・ゴードン=レビット(ジョニー)、ロザリオ・ドーソン(ゲイル)、ブルース・ウィリス(ジョン・ハーティガン)、エヴァ・グリーン(エヴァ・ロード)、パワーズ・ブース(ロアーク上院議員)

悪徳がはびこる街シン・シティ。場末のストリップバー「ケイディ」で、男たちの目を楽しませる踊る「女神」ナンシー。彼女は愛するハーディガン刑事を殺した男に復讐しようとして未だ果たせず、酒びたりになっていた。マーヴはそんなナンシーを兄のように見守っている。しがない探偵のマッカーシーは、自分を捨てて金持ちの男に走ったエヴァが忘れられず、呼び出しに応じてしまった。流れ者のギャンブラーのジョニーは、街を牛耳る上院議員のロアークに勝負を挑む。

subsub06_large.jpg


2005年公開の『シン・シティ』の続編。ロバート・ロドリゲス監督がコミックス原作者のフランク・ミラーと脚本・監督にあたり、シン・シティ(罪の街)で生きるアウトサイダーたちを描いています。前作に加えて豪華俳優陣が集結、ほんのちょっとのシーンにあっ!という人がいますので、よーく見ていてください。
ストリップダンサー役のジェシカ・アルバは衣装つけたままで、それほどセクシーではありません。補ってあまりあるのがエヴァ・グリーン。「魔性の女」の看板つけたいほど妖艶で、メデューサばりの視線も恐ろしいです。印象的な色を配した白黒の画面が鮮烈。飛び散る血しぶきが白なので、エグさ半減。それでも十分に濃い世界です。(白)


2014年/アメリカ/カラー/ビスタ/103分/R15+
配給:ギャガ
http://sincity.gaga.ne.jp/
(C)2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.

★2015年1月10日(土)TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー


posted by shiraishi at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック