2014年12月20日

私の恋活ダイアリー  英題:Sixty and the City

koikatsu.jpg

監督・出演:ニリ・タル

60歳を迎えたニリ・タル監督。
同じ男性と結婚・離婚を計3回繰り返し、2児をもうけ孫8人。かつて新聞記者やテレビ局のレポーター兼ディレクターとして活躍し、現在は映像作家として何不自由ない日々をおくっている。
でも、ふっと、このまま独りで年を取り続けるのは寂しい、連れ合いを見つけようと思い立つ。さっそく自己紹介文と写真をあちこちの恋活サイトに登録するも、一向に反応がない。写真が決め手かもと、ミニスカートに胸元を開けたブラウスで色っぽい写真を撮ってアップする。結果、20代から80代までの男性1320人からメールが届く。
本作は、監督が1年8ヶ月の間に実際にデートした男性のうち、撮影許可をくれた人たちとの顛末を綴ったもの。果たして、監督はこれからの伴侶を得ることができるのか・・・

なんといっても私と同年代の女性の恋活とあって、興味津々。しかも、イスラエル。「安息日には映画を観ない」と、デートを断った男性が、ほかの女性と映画館に来ていたとか、ユダヤの新年にニューヨークにいる息子に会いにいったりするくらいで、宗教的にどうのといった特別な要素はほとんどなかったのはちょっと残念だった。でも、時に真剣に、時におもしろおかしく自身の経験をあからさまに語った本作、世の中、こんなにも人生を分かち合える人を探している人が多いのだと、なんだか勇気付けられた。その気になれば、私にも良きパートナーが見つかる?!
お正月に公開される『トレヴィの泉で二度目の恋を』でも、シャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマー演じる黄昏を迎えた二人が恋に落ちるように、恋に年は関係ない! 出会いを楽しみにしなくっちゃ! (咲)


配給:パンドラ
後援:イスラエル大使館
協力:あいち国際女性映画祭/シニア女性映画祭
*あいち国際女性映画祭2014では『私は都会派、60歳』のタイトルで上映
2010年/イスラエル/カラー/70分
公式サイト:http://www.koikatsu-diary.com
★2014年12月20日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他にて、 全国順次ロードショー


posted by sakiko at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック