2014年12月20日

サンバ(原題:SAMBA)

samba.jpg

監督・脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
出演:オマール・シー(サンバ)、シャルロット・ゲンズブール(アリス)、タハール・ラヒム(ウィルソン)、イジア・イジェラン(マニュ)

フランスに移民して10年、飲食店で働いて故郷に送金していたサンバは、うっかりビザを失効させて国外退去を告げられてしまった。移民支援協会に掛け合いにいくが、応対に出た係員のアリスに助けてもらうどころか逆ギレされる。大手企業のキャリアだったアリスは仕事のストレスで心を病み治療中だった。サンバは移民仲間のウィルソンが紹介した日雇い仕事で食いつなぎ、アリスを巻き込みながら打開策を練ることにした。

2011年の東京国際映画祭でサクラグランプリと主演男優賞を受賞した『最強のふたり』のトリオ、エリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督+オマール・シーの最新作。今年の映画祭の特別招待作品となり、オリビエ・ナカシュ監督とオマール・シーが来日して舞台挨拶に登場しました(『サンバ』HPで動画が見られます)。
『最強のふたり』より先に着想を得ていたというこの作品は、移民の青年と燃え尽き症候群のキャリアの女性との心の触れ合いを描いています。リアルな問題とコメディの配分が良く、辛酸をなめてきた叔父や移民を取り巻く環境を見せたかと思うと、パワフルな同僚や陽気な仲間との交流で明るく照らします。逞しいサンバと折れそうなアリス、ま逆の男女が「最強のふたり」になっていく過程をお楽しみください。(白)

サンバに仕事を紹介する陽気な移民仲間ウィルソンを演じるタハール・ラヒム。初主演作『預言者』(ジャック・オディアール監督)以来、注目している俳優さん。アルジェリア・オランから移民した両親のもと、フランスで生まれたことから、『預言者』でも、ロウ・イエ監督の『パリ、ただよう花』でも、アスガル・ファルハーディー監督の『ある過去の行方』でも、アルジェリア系と思われる役柄。
今回、『サンバ』では、陽気なブラジル移民とあって、彼ならそれも有りか〜と思ったら、それにはワケが・・・ 屋根の上で、パリの素晴らしい風景を眺めながらサンバが語る「初のアラブ系ブラジル人に感動した」の言葉をお見逃しなく! (咲)


2014年/フランス/カラー/119分
配給:ギャガ
(C) Quad - Ten Films - Gaumont - TF1 Films Productions - Korokoro
http://samba.gaga.ne.jp/
★2014年12月26日(金) TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他 全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック