2014年12月02日

パーソナル・ソング(原題:Alive Inside)

personal song.jpg


監督・脚本・製作:マイケル・ロサト=べネット
音楽:イタール・シュール
出演:ダン・コーエン、オリバー・サックス、ボビー・マクファーレン

ソーシャルワーカーのダン・コーエンはIT関連の仕事をしていた経験から、認知症のお年寄りに、彼らのお気に入りの曲をアイポッドに入れ、ヘッドホンで聴いてもらうことを思いつく。施設の担当者や家族と話し合い、曲を選出して聴いてもらった。お気に入りの曲が流れたとたん、表情がパッと明るくなり、リズムを取って踊り、歌い始めるお年寄りまで出てきた。

音楽の持つ大きな力を、この作品でまざまざと見せてもらいました。深い水底に沈んでいた思い出が、音楽によって浮かび上がってくるのです。音楽の背景にあったそれぞれのエピソードを生き生きと語るお年寄りの姿に感動しきり。よびかけにも反応しない人、わが子のことも忘れうつむいているだけだった人が「覚醒」する姿を見て心ゆさぶられずにはいられません。ミュージシャンによる即興の曲作りも、人の身体の中には音楽があるんだと納得する興味深い場面でした。
監督が来日されると聞いてさっそく監督インタビューを申し込みました。本誌92号55pに記事を掲載しています。シネジャHPでも通販を受け付けているほか、映画上映期間中シアターイメージフォーラムに委託販売中です。
画像はご自身の「パーソナル・ソング」を伺ったとき、「バッハのカノン」と答えて、ピアノを弾くマネをしているベネット監督です。長身で優しい眼差しの素敵な方でした。(白)


IMG_9889.jpg

2014年/アメリカ/カラー/78分/DCP/
配給・宣伝:アンプラグド
(c) ALIVE INSIDE LLC 2014
http://personal-song.com/

★2014年12月6日(土)よりシアターイメージフォーラムほか全国順次公開
posted by shiraishi at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック