2014年11月23日

ザ・レイド GOKUDO(原題:THE RAID 2: BERANDAL)

gokudo.jpg


監督・脚本:ギャレス・エヴァンス
出演:イコ・ウワイス(ラマ)、アリフィン・プトラ(ウチョ)、ティオ・パクソデウー(バングン)、アレックス・アッバド(ブジョ)、松田龍平(ケンイチ)、遠藤憲一(ゴトウ)、北村一輝(リュウイチ)

マフィアとの死闘を生き延びたラマは、警察上層部とマフィアとの癒着の証拠を掴むため潜入捜査官を命じられる。数ヶ月の約束で、マフィアのバングンの息子ウチョの収監されている刑務所に入ることになった。しかし、大乱闘を引き起こし、ウチョの信任を得た代わりに刑期が長引いてしまう。ようやく出所したラマを待っていたのはウチョ、ラマは妻子に会う機会もないまま、組織の奥へと近づいていく。

2011年の前作(作品紹介はこちら)がヒットし、この続編ができました。前作はマフィアの牙城のビルの中での乱闘がメインでしたが、スケールアップした続編は、対立する三つの組織の攻防にスポットを当てています。古くからの大きな組織のマフィアと新興ギャング、それに日本のヤクザが絡んでより重層的なドラマがうまれています。アクションの凄さはもう言うまでもありません。誰も怪我してませんように、と祈りたくなるくらい。
日本から3人の俳優が出演。遠藤憲一さん、北村一輝さんはインドネシアの俳優に囲まれても馴染む(?)濃い顔立ち、それに反して松田龍平さんはお内裏様みたいなのですがなかなかの存在感です。亡父の松田優作さんの遺作が海外作品の『ブラック・レイン』(リドリー・スコット監督/1989年日本公開/マイケル・ダグラス、高倉健)、あれからもう四半世紀とは感慨深いです。(白)


2013年/インドネシア/カラー/146分
配給:KADOKAWA
(C)2013 PT Merantau Films
http://theraid-gokudo.jp/

★2014年11月22日新宿ミラノ、丸の内TOEIほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック