2014年11月15日

天才スピヴェット(原題:L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet)

tensaispivet.jpg

監督・脚本:ジャン=ピエール・ジュネ
原作:「T・S・スピヴェット君 傑作集」(早川書房刊)
撮影:トマス・ハードマイアー
美術:アリーヌ・ボネット
出演:カイル・キャトレット(T・S・スピヴェット)、ヘレナ・ボナム=カーター(母 クレア博士)、カラム・キース・レニー(父 テカムセ・E・スピヴェット)、ニーアム・ウィルソン(姉 グレーシー)、ジュディ・デイヴィス(G・H・ジブセン)

スピヴェットは10歳の天才科学者。カウボーイの生き方を目指す父、昆虫博士の母、スターを夢見る姉、父のお気に入りの元気な双子の弟とモンタナの牧場で暮らしている。ある日弟が銃の事故で亡くなり、それ以来家族の心には、ポッカリと穴が空いてしまった。スピヴェットはバラバラになった家族を繋ぎ合わせようとひとり苦心する。
スピヴェットの発明がスミソニアン博物館の科学賞に決定し、彼は誰にも告げず授賞式に出席することにした。モンタナから大都市ワシントンD.C.までは、大陸横断の長い旅。小さなスピヴェットは無事たどり着くことができるのか。

『アメリ』のジュネ監督が送り出す3D最新作。並外れた才能は田舎で発揮することもできず、弟の死以来孤独な天才少年スピヴェット。大きなスーツケースを引きずっての一人旅に、孫を見るようにハラハラ。しか〜し、そこはジュネ監督、ユーモアを織り交ぜながらちゃんと先導してくれます。『ロング・エンゲージメント』『ミックマック』でもジュネ監督と組んだアリーヌ・ボネットの美術がすみずみまで楽しいです。
スピヴェットを演じるカイル・キャトレットは、7歳以下の武道選手権の世界チャンピオンで、ロシア語始め6ヶ国語を話す天才少年。アジアンプレミアとなった東京国際映画祭にジュネ監督とゲストで登場。人気子役の鈴木福くんと顔合わせしたようです。(白)


2014年/フランス、カナダ/カラー/105分/2D,3D
配給:ギャガ
(C)EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA
http://spivet.gaga.ne.jp/
★2014年11月15日 シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開
posted by shiraishi at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック