2014年11月15日

デビルズ・ノット(原題:Devil's Knot)

devil.jpg

監督:アトム・エゴヤン
原作:マーラ・レヴァリット
脚本:ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
撮影:ポール・サロッシー
出演:コリン・ファース(ロン・ラックス)、リース・ウィザースプーン(パム・ホッブス)、アレッサンドロ・ニヴォラ(デリー・ホッブス)デイン・デハーン(クリス・モーガン)、ブルース・グリーンウッド(バーネット判事)、エイミー・ライアン(マーガレット・ラックス)、ミレイユ・イーノス(ヴィッキー・ハッチソン)、ジェームズ・ウィリアム・ハムリック(ダミアン・エコールズ)

1993年アメリカ、ウェスト・メンフィスの小さな町で、男の子3人が惨殺死体で発見されるという事件が起った。猟奇的な手口から警察は悪魔崇拝者の仕業と考え、オカルトに興味を持つ問題児のダミアンと仲間、ティーンエイジャー3人を容疑者として逮捕する。息子をなくした母親の一人、パム・ホッブスは裁判を見つめるにしたがい、警察の捜査や矛盾点に不審を抱いていく。私立探偵のラックスも事件に興味を覚えて独自に捜査を開始する。

事件の背景、裁判の記録がドキュメンタリー映画としてテレビ放映されて、冤罪ではないかと広く知られている事件だそうです。警察のずさんな捜査や嘘の証言、地域の偏見などから犯人とされた少年たちは、2011年「罪を認める代わりに釈放」という司法取引に応じ、司法上の犯人は確定したとか。何それといいたくなるような結果で、今も真犯人は野放しと信じる人は多いそうです。映画では実在の主要人物を実力派俳優たちが演じて、藪の中にいる犯人をあぶりだそうとしています。キャッチコピーは「悪魔は誰か」。ああもうみんな怪しく見える〜。(白)

2013年/アメリカ/カラー/114分
配給:キノフィルムズ
(C)2013 DEVILS KNOT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
http://devilsknot.jp/

2014年11月14日 TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー!
posted by shiraishi at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック