2014年10月05日

まほろ駅前狂騒曲

mahoro.jpg

監督:大森立嗣
脚本:大森立嗣、黒住光
原作:三浦しをん「まほろ駅前狂騒曲」(文藝春秋刊)
撮影:大塚亮
音楽:岸田繁
出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、高良健吾(星良一)、真木よう子(柏木亜沙子)、本上まなみ(三峯凪子)、麿赤兒(岡)、永瀬正敏(小林)、奈良岡朋子(曾根田菊子)、松尾スズキ(シンちゃん)

まほろ駅前の多田便利店に行天(ぎょうてん)が居候を始めてから3年。頼まれたことを何でも誠実にこなす多田の性格のおかげか、便利屋仕事は継続中。
行天に明かせないまま、請け負った依頼人が現れた。行天との戸籍上の元妻三峯凪子、生物学上の娘はるの二人。凪子が留学中はるを預かることになり、逃げ出した行天も結局は協力する。慣れない子育てに悪戦苦闘の二人は、星の依頼であやしげな団体の見張りをし、挙句はバスジャックにも巻き込まれてしまう。

多田と行天の良きバディーっぷりが楽しく、原作はもとより、2011年の『まほろ駅前多田便利店』、テレビ番組も楽しみに観てきました。映画版第2弾の本作は、はるを相手の二人がほほえましく、心がじんわり温まります。脚色を加えて原作よりもエンタメ度が濃くなっていて、ガンコな岡さんも仲間を加えて暴走、謎の男小林が登場して垣間見せる行天の過去などなど、楽しませてくれます。
一箇所だけかぎっ子由良くんにその役割をさせるのはやめてください〜!と思ったシーンがありました。
不器用な多田の恋のゆくえも気になるし、3年も間を置かずに、続きをみせてください。>三浦しをん様、大森監督様。(白)

新宿ピカデリーのロビーに、便利店の事務所が再現されていましたのでパチリ。


IMG_9678.jpg

IMG_9677.jpg


2014年/日本/カラー/124分/
配給:東京テアトル、リトルモア
(C)2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
http://www.mahoro-movie.jp/

★2014年10月18日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック