2014年09月28日

小川町セレナーデ

ogawachoselenade.JPG

監督・脚本:原桂之介
撮影:柴崎幸三
主題歌:私立恵比寿中学「幸せの貼り紙はいつも背中に」
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト
出演:須藤理彩(真奈美)、安田顕(エンジェル)、藤本泉(小夜子)、小林きな子(亮子)、高橋洋

「スナック小夜子」はいつも常連客が集うこじんまりした店。ママの真奈美はショーパブの舞台係として働いたことがある。親友のオカマダンサーのエンジェルがタイに旅立つ晩、シャンパンで酔った二人は一度きりの関係を持ってしまう。
それから20年。真奈美は授かった娘、小夜子の存在をエンジェルに知らせることなく、この店を開き女手ひとつで育ててきたのだった。
高校を卒業した後、上京して1人暮らしをしていた小夜子は、何度か失恋したすえ実家に戻ってくる。「スナック小夜子」が寂れて閉店寸前なのを知ると、隣町で評判のオカマバーにしようと提案する。ホステスの亮子と小夜子が偽オカマになると言うので真奈美は猛反対。しかし小夜子は店を立てなおすため、真奈美の古い写真に写っていたエンジェルに協力を頼みにいく…。

エンジェルに知らせずシングルマザーとして生きる真奈美の男前っぷり。エンジェルのいい女っぷりに拍手。店に集まるのはちょっと寂しかったり、ママの包容力が好きだったりの近所のおじさんたち。父親を知らずに育った小夜子が、なにかに導かれるようにエンジェルに会いに行ってしまうのに、ちょっとドキドキ。振り切った安田さんのエンジェルがなかなか可愛いです。ぴったりのコスチュームを着るので、体型を維持するためダイエットの無料アプリも使ったとか。
偽オカマバーのために奮闘する小夜子と亮子のダンスシーンも見所。頑張った成果が出ています。美少年になった小夜子は、コスプレ会場にいてもナンバーワンになりそうです。どこの町にもありそうなスナックの母娘と、あまりいそうもない奇抜な父親(母親かな?)。彼らと、周りの人々のあったかい物語です。(白)


●舞台挨拶の様子はこちら


2014年/日本/カラー/119分/
配給:アイエス・フィールド
(C)2014「小川町セレナーデ」製作委員会
http://ogawacho.com/

★2014年10月4日(土)角川シネマ新宿、川崎チネチッタ他全国順次ロードショー


posted by shiraishi at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック