2014年09月21日

アルゲリッチ 私こそ、音楽!  (原題: BLOODY DAUGHTER)

argerich.jpg

監督:ステファニー・アルゲリッチ
製作:ピエール・オリヴィエ・バルデ(『パリ・オペラ座のすべて』『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』)、リュック・ピーター
出演:マルタ・アルゲリッチ、スティーヴン・コヴァセヴィッチ、ロバート・チェン

マルタ・アルゲリッチ。
1941年6月5日、アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。
24歳の時、世界最高峰と称されるワルシャワのショパン国際ピアノコンクールで優勝。
その後、世界のあらゆる著名オーケストラとの共演を果たす。
1998年に別府アルゲリッチ音楽祭の総監督に就任し、日本とも縁を持つ。
現在、世界最高のピアニストといわれる一人として、世界各地で演奏を続けている。

私生活では、父親の違う3人の娘を持つ。
長女リダ。ヴィオラ演奏家。父は中国人指揮者ロバート・チェン。マルタとは一度も一緒に暮らしていない。
次女アニー。ジャーナリスト。父はスイス人指揮者シャルル・デュトワ。子供のころ、忙しい母に代わって、妹ステファニーの面倒をみていた。
三女ステファニー。本作の監督。父はピアニストのスティーヴン・コヴァセヴィッチ。父には、マルタとは別のふたりの女性との間に生まれた3人の息子がいる。
本作は、三女であるステファニーが撮った、母として、女として、そして名ピアニストとしてのマルタの素の姿。

小さい頃から、母の演奏旅行にはほとんどついていったステファニー。奔放で、気ままなマルタの姿も、ずっとそばで母を見てきた娘だからこそ率直に描いている。
一方で、子どもの頃にはほとんど一緒に過ごしたことのない父とは、この映画を通じて距離を縮めることができたとステファニーは言う。
どんなに有名なピアニストであっても、娘にとっては、母と父。
様々な家族の形があることも、この映画は見せてくれる。
人からどう思われようと、好きなように生きればいいという勇気を与えてくれる映画でもある。(咲)


配給:ショウゲート
2012/フランス・スイス/96分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
公式サイト:http://www.argerich-movie.jp/
★2014年9月27日(土)より、Bunkamuraル・シネマほかにて公開!
posted by sakiko at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック