2014年09月21日

ファーナス 訣別の朝(原題:Out of the Furnace)

furnase.JPG

監督:スコット・クーパー
脚本:ブラッド・インゲルスビー、スコット・クーパー
撮影:マサノブ・タカヤナギ
出演:クリスチャン・ベール(ラッセル・ベイズ)、ウッディ・ハレルソン(ハーラン・デグロート)、ケイシー・アフレック(ロドニー・ベイズ・Jr.)、フォレスト・ウィテカー(ウェズリー・バーンズ)、ウィレム・デフォー(ジョン・ペティ)、ゾーイ・サルダナ(リナ・テイラー)、サム・シェパード(父)

米ペンシルバニア、溶鉱炉(ファーナス)からのぼる白煙が絶えない鉄鋼業の町ブラドック。ラッセルは年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働いている。恋人リナとささやなか幸せをはぐくみ、貧しいながら穏やかに生活していた。しかし、弟ロドニーがイラク戦争から戻ってきた。この街を嫌い、兵役についたロドニーはラッセルが勧める製鉄所の仕事をしようとはしない。心に戦時の大きな傷をかかえたまま、ラッセルが気づかないうちに裏の世界に近づき、飲み込まれようとしていた。

キャストの面々が豪華!製作陣にはリドリー・スコット、レオナルド・ディカプリオらが名を連ねています。主人公のラッセルは煤けた街に暮らす労働者で、家族思いの寡黙な男です。犯罪組織に足を絡め取られ、命の危険にさらされた弟のために立ち上がります。衣装も灰色っぽいものばかり、派手なカーチェイスやアクションもありませんが、日本なら若き日の高倉健さんが主人公か?というタイプの作品。過激なほどの役作りをするクリスチャン・ベールが抑えた演技で説得力があります。溶鉱炉(ファーナス)がタイトルになったのは、街のシンボルであるばかりでなく、地味な男の内側に滾る思いも表しているのでしょう。(白)

2013年/アメリカ/カラー/116分/
配給:ポニーキャニオン
http://furnace-movie.jp/
★2014年9月27日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
posted by shiraishi at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック