2014年09月21日

記憶探偵と鍵のかかった少女(原題:Mindscape)

kiokutantei.jpg

監督:ホルヘ・ドラド
脚本:ガイ・ホームズ
出演:マーク・ストロング(ジョン・ワシントン)、タイッサ・ファーミガ(アナ・グリーン)、ブライアン・コックス(セバスチャン)、サスキア・リーブス(ミシェル・グリーン)、リチャード・ディレイン(ロバート・グリーン)

ジョン・ワシントンは他人の記憶の中に入り込む特殊能力を持つ「記憶探偵」。数々の難事件を解決してきた彼に「部屋から出ず絶食している娘のトラウマを解消してほしい」という依頼が舞い込んだ。森の中の豪邸に住む資産家の娘のアナは16歳。高い知能を持ち繊細なアナは、子どものころから変わったところがあり、いろいろと問題を起こしてきたという。母親はアルコール依存症になり、義父はアナを施設に入れようとしていた。
ジョンがアナの記憶に入って見たものは、少女には過酷すぎるできごとだった。ジョンは真実をさぐるためにアナの周辺の人々に話を聞いて回るが、彼らの証言はアナの記憶とは違っていた。

証言はすべて記憶によるものです。同じできごとを体験しても、その人によって焦点を合わせるものが異なるので、見え方と記憶に違いが出てきます。時間がたてばますますずれが大きくなるでしょう(これは私自身もたびたびあり、家族や友人達との笑い話のタネになっています)。
それでも多くの記憶の断片を寄せ集め、すり合わせて、数々の名刑事、名探偵が事件を解決してきました。記憶探偵は他人の記憶を見ることができますが、それが正しいとは限りません。見たいものしか見ていないものだし、後から無意識に修正も加わるからです。
そんなリスクも抱えながら記憶探偵は真実を追究します。わりあい早くに予想がついてしまいますが、ジョンが記憶の中に入り込む映像、豪邸の内部など撮影と美術が美しいです。スペイン期待の監督のもとに、よりぬきのスタッフが集結したのだとか。
猛禽類を思わせる厳しい顔立ちのマーク・ストロングは、よく主人公の上司や敵役で見る俳優です。初の単独主演。タイッサ・ファーミガはヴェラ・ファーミガの21歳も年の離れた妹。ミステリアスな美少女の未来は開かれるのか、劇場でご覧下さい。(白)


2013年/アメリカ/カラー/99分/
配給:アスミック・エース
Stills photographs by Quim Vives - Copyright (C) 2013 OMBRA FILMS, S.L. - ANTENA 3 FILMS, S.L.U. - MINDSCAPE PRODUCTIONS, S.L. - THE SAFRAN COMPANY - OMBRA FILMS, LLC.
http://kiokutantei.asmik-ace.co.jp/


★2014年9月27日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック