2014年09月13日

猿の惑星:新世紀(ライジング)(原題:Dawn of the Planet of the Apes)

sarunowakuseirising.JPG

監督:マット・リーヴス
出演:アンディ・サーキス(シーザー)、ジェイソン・クラーク(マルコム)、ゲイリー・オールドマン(ドレイファス)、ケリー・ラッセル(エリー)、トビー・ケベル(コバ)、ニック・サーストン(ブルーアイズ)、ジュディ・グリア(コーネリア)、コディ・スミット=マクフィー(アレクサンダー)

高い知能を得て、閉じ込められた施設から仲間とともに逃げ出したシーザー。10年後、シーザーはサンフランシスコから離れた森の奥深くにエイプ(猿)たちのコミュニティを作り、指導者となって穏やかに暮らしていた。妻のコーネリアとの間に息子ブルーアイズが生まれ、2番目の子どもが授かったところだ。
人間社会では蔓延した強力なウィルスのため多くが死亡、免疫を持ったわずかな者だけが生き延びていた。エネルギーが枯渇して古いダムに活路を求め、数人がシーザーたちのテリトリーに入り込んでしまう。かつて実験動物として飼われていたコバは苦痛を与えられた日々を忘れず、今も人間を激しく憎んでいる。人間社会に先制攻撃をしようといきりたつコバを制し、シーザーは侵入者たちに森に近づかないよう強く警告する。
言葉を解する猿に驚き、恐怖する人間たちの中でひとりマイケルだけがシーザーを信じようとしていた。

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011)の続編。2000頭もの群れのリーダーとなったシーザーはますます思慮深く賢くなり、身振りや簡単なことばで、意志を通じさせることを仲間に広めています。シーザーは幼いころ人間に愛されて育っているので、戦うのではなく共存を望んでいますが、憎悪にとらわれているコバたちとの溝は深まっていきます。
人間よりも身体能力に優れ、道具やエネルギーに頼らずとも生きていけるシーザーたちを見ると、人間に取って代わるのも夢物語ではないわ、とうなずけます。シーザーのような指導者が人間側には出ず、壊滅させる方向にばかり進んでしまうのが現実世界の反映のようで辛い・・・。
前作よりさらに精巧になったCG処理、描き(演じ)分けられている個体差、その豊かな表情に感心しました。これまではブルー・スクリーンを背景にモーションキャプチャーを装備した俳優が1人で動いて合成していたのに、今はカメラや技術の進歩で、屋外で複数の俳優が一緒に演じることができるのだそうです。いやはや凄い!(白)


2014年/アメリカ/カラー/131分/2D,3D
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2014 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies.jp/saruwaku-r/

★2014年9月19日(土)TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
9/13日(土)・14日(日)・15日(祝・月)先行上映決定!上映館はHPでお確かめ下さい。
posted by shiraishi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック