2014年09月07日

フランシス・ハ (原題:Frances Ha)

frances ha.jpg

監督:ノア・バームバック(『イカとクジラ』)
脚本:ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ
出演:グレタ・ガーウィグ(『ローマでアモーレ』)、ミッキー・サムナー、アダム・ドライバー
主題歌:デヴィッド・ボウイ「モダン・ラブ」

ニューヨーク・ブルックリン。フランシスは、バレエ団の研究生としてモダンダンサーを目指す27歳。彼氏から猫を2匹飼うから同棲しようと提案される。フランシスは親友ソフィーとルームシェアをしていて、彼女の手前、シェアを解消できないと同棲を断り、結局、彼と別れてしまう。ところが、程なく、ソフィーからアパートの契約を更新しないで、家賃のちょっと高いトライベッカに引っ越すと言われる。しかもソフィーは彼氏との結婚も考えている様子。フランシスは、とりあえず友人のレヴとベンジーの家に転がり込むが、その後も住む場所を求めてニューヨーク中を転々とすることになる。
ギャラをあてにしていたクリスマス公演のメンバーからもはずされ、いよいよジリ貧状態。友人の親戚がパリにアパートを持っていると聞き、気晴らしにパリに飛ぶけど、パリ在住の友人に連絡がつかず、何もしないで帰途につく。生活費を稼ぐため、母校の大学寮の管理人のバイトを始めるが、大学でのパーティーでソフィーと再会し、彼氏と婚約したことを知る。自分の人生を本気で考えなくては・・・とあせるフランシス・・・

気の合う親友と一緒に暮らして、楽しい毎日を送っていたフランシス。やることなすことすべて裏目に出てしまって、べそをかく姿に同情したり、くすっと笑ったり、あ〜こんなことあるあると同調したりの86分。 
27歳というと、同い年の友人たちが結婚したり、子どもを産んだり、仕事である程度キャリアを積み始めたりと、人生に変化が出始める年頃。いつまでも楽しく遊んでばかりいられない!と、その頃に将来をちゃんと見据えていれば、今とは違った人生かもと、ふと思うけど、それなりに楽しく過ごしてきたから、まぁいいっかと。
タイトルのフランシス・ハ の「ハ」が何を意味するのか、最後に出てきます。これがまた、フランシスらしくて、笑ってしまいます。お見逃しのないように! (咲)


提供:新日本映画社
配給・宣伝:エスパース・サロウ
2012年/アメリカ/英語/86分/モノクロ/ビスタサイズ/DCP
公式サイト:http://francesha-movie.net/
★2014年9月13日(土)ユーロスペースほか全国順次公開
posted by sakiko at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック