2014年08月31日

さまよう刃(原題:THE HOVERING BLADE BROKEN)

samayoukatana.JPG

監督・脚本:イ・ジョンホ
原作:東野圭吾
撮影:キム・テギョン
出演:チョン・ジェヨン(サンヒョン)、イ・ソンミン(オッグァン刑事)、ソ・ジュニョン(ヒョンス刑事)、イ・ジュスン(ドゥシク)、イ・スビン(スジン)

数年前妻をガンで失ったサンヒョンは一人娘のスジンと暮らしている。中学生のスジンはこのごろ母親に似てきて、残業続きの父親にあれこれ言うようになった。小言を言われても最愛の一人娘だ。またもや遅くなって深夜に帰宅したサンヒョンは、スジンの姿がみえずに探し回る。携帯も繋がらず、見つけられないまま出社したサンヒョンに警察からスジンの遺体が見つかったと電話がある。廃墟になっている古い銭湯で見つかったという遺体にはレイプされ、激しく抵抗した痕跡が認められた。
サンヒョンはショックで何も手につかない。娘を守ってやれなかった自分を責め、後悔するばかりだ。そこへ凶行を知る何者かからの連絡が入る。

ベストセラー作家東野圭吾原作。日本でも2009年に寺尾聰主演で映画化されています。ほぼ同じストーリーで、韓国版が濃い目の味付け。チョン・ジェヨンの絶望と後悔と憤怒の表情に、自分がその立場だったらと胸が痛くなります。それにひきかえ加害者の罪悪感のなさときたら!人を傷つけることを何とも思わないのはどうしてなのか??感情や想像力が育っていないわけ??
と、むかついているってことは、演じた若手たちがうまかったってことですね。いつも思うけど韓国映画界は層が厚い。
繰り返し報道される陰惨な事件も、そのときはショックでも自分に関わりがなければいつしか忘れてしまいます。そんな第三者の立場から引きずり降ろされた感じのした作品でした。(白)


2014年/韓国/カラー/122分
配給:CJ Entertainment Japan
(C)2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
http://samayouyaiba.net/

★2014年9月6日(土)角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー
posted by shiraishi at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック