2014年08月31日

チング 永遠の絆(英題 FRIEND:The Great Legacy)

chingeiennokizuna.JPG

監督・脚本:クァク・キョンテク
出演:ユ・オソン(イ・ジュンソク)、キム・ウビン(チェ・ソンフン)、チュ・ジンモ(イ・チョルジュ)、チョン・ホビン(ウンギ)、チャン・ヨンナム(ヘジ)、キ・ジュポン(ヒョンドゥ会長)

2010年、親友のドンスの殺害を示唆した罪で服役しているジュンソクの元にヘジが面会にくる。息子のソンフンが同じ刑務所にいるので気をつけてやってほしいというのだ。ジュンソクは父親を知らずに育ったソンフンを出所後も弟分として面倒をみることになった。17年ぶりに故郷の釜山に帰ったジュンソクがみたのは、様変わりした裏社会地図だった。ヒョンドゥ会長の代わりに狡猾なウンギが勢力を拡大し、ジュンソクの居場所はすでになくなっていた。ジュンソクはヒョンドゥ会長に亡き父チョルジュが釜山を掌握した時代の話を聞き、釜山を一緒に取り戻そうとソンフンを誘う。

『友へ チング』(2001年/クァク・キョンテク監督)の続編。幼馴染の親友が大人になって再会したのは対立した組織の敵同士としてだった、という悲劇。若き日のユ・オソンとチャン・ドンゴンのとうの立ち過ぎた学生服姿に吹きそうになりましたっけ。しかし血も涙も義理も人情も果てしなく濃いストーリーに泣かされたのでした。未見の方はぜひ先に1作目をご覧下さい。
ヤクザ社会の物語ですが、渋い中年になったユ・オソン、若獅子のようなキム・ウビン(モデルで、映画初出演だそうです)2人の兄弟分というより親子のような情愛、回想場面の若き父チュ・ジンモの華と、女性にも受ける要素多々あり。(白)


2013年/韓国/カラー/122分/ビスタサイズ
配給:東京テアトル、日活
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://ching-kizuna.com/
★2014年9月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開


posted by shiraishi at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック