2014年08月31日

フライト・ゲーム(原題:Non-Stop)

frite.jpg

監督:ジャウム・コレット=セラ
撮影:フラビオ・ラビアーノ
出演:リーアム・ニーソン(ビル・マークス)、ジュリアン・ムーア(ジェン・サマーズ)、スクート・マクネイリー(トム・ボーウェン)、ミシェル・ドッカリー(ナンシー)、ネイト・パーカー(ザック・ホワイト)
ニューヨーク発ロンドン行の旅客機に搭乗したビル・マークスは、一般乗客の中で気づかれないように警備にあたる航空保安官。離陸して乗客が眠りについたころ、ビルの携帯電話に「1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す」と脅迫メールが届く。どこで監視しているのかビルの行動も逐一知られている。機長に告げ保安局に報告するが乗客名簿の照合には30分かかると言われる。あせるうちに20分経ち、最初の犠牲者が出てしまう。誰もが犯人に思える中、ビルは全ての乗客の荷物や携帯電話を調べるが何も見つからない。保安局の調べで、指定された口座がビルの名義とわかり一番の容疑者と疑われてしまった。

ハイジャック映画は数多く、どれもドキドキハラハラの連続ですが、これも例に漏れません。二転三転する状況に、ビルのあせりが伝わってきて同調してしまいます。どんな状況でも飛行機の中では逃げ出すこともできず、どの人もどの人も怪しく見えて、死と隣り合わせの犯人探しはスリル満点。かといって絶対体験したくありませんけど。60代のリーアム・ニーソンも身体を張ったアクションで熱演。『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴがCAの1人で出演しています。
搭乗時にどんなに厳しいチェックを受けても、その上をいってしまう悪意があれば乗客はなすすべがありません。無事に目的地に着くことが当たり前〜の陰にはこういう保安官の存在があるんですね。お疲れ様です。(白)


2014年/アメリカ/カラー/107分
配給:ギャガ
(C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. - STUDIOCANAL S.A.
http://flight-game.gaga.ne.jp/
★2014年9月6日(土)新宿ピカデリー ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック