2014年08月31日

ケープタウン(原題:ZULU)

cape.jpg

監督:ジェローム・サル
脚本:ジュリアン・ラプノー、ジェローム・サル
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:オーランド・ブルーム(ブライアン・エプキン)、フォレスト・ウィテカー(アリ・ソケーラ)、コンラッド・ケンプ(ダン・フレッチャー)、ジョエル・カイエンベ(ジーナ)

 南アフリカのケープタウン。元人気ラグビー選手バイツの娘ニコールの惨殺死体が発見された。捜査の指揮に当たるのは、ズールー族出身ながら警部まで昇進したアリ・ソケーラ。アリの捜査チームのブライアンは酒と女にだらしなく、妻子にも見捨てられ署長にはクズとまで言われている。しかしアリがもっとも信頼を置く部下だった。捜査を進めていくと新しい麻薬、最新の銃器で武装した凶暴なギャングたちの存在、さらに子供たちの失踪にも関わっていることが明らかになる。事件の背後には想像もつかない秘密と大きな組織があり、2人にも危険がせまってくる…。

オーランド・ブルームといえば『ロード・オブ・ザ・リング』の美しいエルフ、弓の名手のレゴラスが思い浮かびますが、ここでは酔っ払いで女ったらしの刑事ブライアン。落差に驚かず、俳優としてのオーリーの幅広さを楽しんでください。悲惨な過去のあるアリとの良きバディぶりも。ヨレヨレでも刑事の仕事だけはちゃんとやるんですね、これが。女が放っておけない可愛さがあって、子どものままの部分を本人も自覚しているセリフが出てきました。
オーリーにうっとりしている場合じゃありません。映画に甘い部分はなく、治安が悪化し警察が奔走している厳しい現実が描かれます。南アフリカの陽光の下での銃撃戦や惨殺死体が白日夢のようです。小さな点が次第に線で結ばれていくこの原作はキャリル・フェリー作(2008年)で、フランスで推理小説大賞を受賞しているそうです。読んでもとても面白そうですが残念ながら日本では発刊されていません。(白)


2013年/フランス、南アフリカ/カラー/107分/シネスコ
配給:クロックワークス
(C)2013 ESKWAD-PATHE PRODUCTION-LOBSTER TREE-M6FILMS
http://capetown-movie.com/

★2014年8月30日(土) 新宿バルト9他にてロードショー

☆シネジャ特別記事にオーランド・ブルーム来日記者会見を掲載しています。
http://www.cinemajournal.net/special/2014/capetown/index.html


posted by shiraishi at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック