2014年08月31日

テロ,ライブ(原題:The Terror Live)

terolive.JPG

監督・脚本:キム・ビョンウ
撮影:ピョン・ボンソン
美術:キム・シヨン
音楽:イ・ジュノ
出演:ハ・ジョンウ(ユン・ヨンファ)、イ・ギョンヨン(チャ報道局長)、チョン・ヘジン(パク・ジョンミン主任)、イ・デビッド(パク・シヌ)、キム・ホンパ(ジュ長官)、キム・ソジン(元妻)

テレビの人気キャスターだったユン・ヨンファはある不祥事からラジオ局へ左遷された。朝の生放送中にリスナーから1本の電話を受けるとそれは「爆破予告」の脅迫電話であった。ヨンファがいたずらだと決め付けて電話を切った直後、背後に見える麻浦(まぽ)大橋が予告どおりに爆発する。驚きながらも、テレビに返り咲くための絶好のチャンスと、上司と交渉するヨンファ。テロの犯人と通話を続け、次々と発生する爆破テロの独占実況放送を開始する。犯人の要求は巨額の現金と大統領の謝罪だった。犯人は何者なのか?

爆破による死傷者よりも自分の出世に頭が回るヨンファに最初むっとしますが、それ以上に視聴率を気にする上司たちにメディアの残酷さが見えてぞっとしました。リアルタイムで進む事件にヨンファと同じ体験をしているような感覚になります。
この緊密に構築されたストーリーを書き、演出したのが32歳の新人のキム・ビョンウ監督と知ってもう一度びっくり。出ずっぱりのヨンファ役ハ・ジョンウの熱演はもちろんのこと、ほぼ放送局のスタジオだけで進むシーンに緊迫した空気を作り出した撮影と美術の力も大きいです。アナウンサーと犯人の攻防に手に汗を握ってください。(白)


2013/韓国/カラー/98分/ビスタサイズ
配給:ミッドシップ、ツイン
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
http://terror-live.com/

★8月30日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、テアトル梅田ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック