2014年08月23日

水の声を聞く 

mizunokoe.jpg

監督・脚本:山本政志 
プロデューサー:村岡伸一郎
出演:玄里(ヒョンリ)、趣里、村上淳、鎌滝秋浩、中村夏子、萩原利久、松崎颯、薬袋いづみ、小田敬

東京・新大久保コリアンタウン。
在日韓国人のミンジョンは、友人の美奈に頼まれ占いを行う巫女役を引き受ける。見よう見まねのにわか巫女だったが、評判を呼び、やがて新興宗教団体「真教・神の水」が設立され、ミンジョンは教祖様となる。救済を求めて信者は増え、それに乗じて一儲けしようと広告代理店の男も現れる。自分を頼ってくる信者たちと、宗教を金儲けの手段にしようとする人々との板挟みに耐えられなくなったミンジョンは、ある日、突然いなくなってしまう。信者の前に美奈が身代わり巫女となって現れる・・・

玄里演じるミンジョンは、透明感があって、彼女が教祖様なら信じてついていく人たちがいるのも納得。インチキ宗教とわかっていても、巫女を演じるうちに悩む人々を救いたいという思いにかられるミンジョン役を玄里は見事に演じています。
そして、ミンジョンが突然いなくなって、訪ねる先は済州島。ここで、彼女の父親が、1948年の43事件(*注)を機に、家族を連れて日本に逃げてきたことが判明します。ミンジョンは、済州島に帰ってしまったお祖母さんに会いに行くのです。
映画の中盤まで、あやしげな新興宗教団体の話かと思っていたら、後半になって、ぐっと映画が社会的なものになっていきます。在日朝鮮(韓国)人になぜ済州島出身の人が多いのかに思いが至ることと思います。(咲)

*注:43事件  
1948年4月3日、米国が後押しする南朝鮮だけの単独選挙に反対して、済州島の一部島民が武装蜂起。それに対し、米軍と韓国軍が、「海岸線五Km以外にいる人間は暴徒と見なし、無条件で射殺する」という焦土作戦を実行したもの。弾圧は1954年まで続き、3万人以上が無差別虐殺の犠牲になったと言われていますが、つい最近までこの事件のことを口にするのはタブーとされていました。
オ・ミヨル監督が2012年に製作した『チスル』で43事件が描かれています。


製作:CINEMA☆IMPACT
2014年/カラー/HD/129分
公式サイト:http://www.mizunokoe.asia/
★2014年8月30日(土)〜9月23日(火)オーディトリウム渋谷にてロードショー
posted by sakiko at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック