2014年08月03日

ソウォン 願い(英題:Hope)

sowon.jpg

監督:イ・ジュンイク
脚本:ジョ・ジュンフン、キム・ジヘ
撮影:キム・テギョン
出演:ソル・ギョング(ドンフン)、オム・ジウォン(ミヒ)、イ・レ(ソウォン)、キム・ヘスク(ひまわりセンター心理療法士)、キム・サンホ(ヨンソクの父)、ラ・ミラン(ヨンソクの母)、キム・ドヨプ(ヨンソク)

文房具店の一人娘ソウォンは、8歳の小学生。野球好きの父ドンフン、働き者の母ミヒとつつましいながら幸せに暮らしていた。ある雨の日、登校の途中で傘を持たず濡れている酔っ払いに声をかけられる。男にひどい暴行を受けたソウォンは、命は取り留めるが心身共に消えない傷を負ってしまった。殺到するマスコミに追われ、犯人逮捕のために繰り返される質問、容疑者が捕らえられてからは法廷での証言と、ソウォンたちには辛く苦しい日々が続く。

この事件は韓国で実際にあった事件と裁判を元に作られています。
必死で犯人を探し娘を案じているのに、ひどく傷ついた娘に怖がられてしまう父親、なんでうちの子だけが、と無事な他の子を呪いたくなる母親、その辛さを渾身で演じたソル・ギョング、オム・ジウォンに襟元を掴まれて揺さぶられているような思いがしました。
ソウォン役のイ・レはオーディションで選ばれたそうですが、健気で愛らしくどのエピソードを見ても涙を誘います。同じ年頃の子どもや孫のいる人(筆者も)は身につまされるでしょう。ハンカチ、ティッシュ必携。泣かずにいられませんが、再生の物語ですので安心して観に行ってください。(白)


2013年/韓国/カラー/123分/
配給:アットエンタテインメント
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved
http://hopemovie2014.com/

★2014年8月9日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック