2014年07月20日

バードシャー テルグの皇帝(原題:BAADSHAH)

baadshah.JPG

監督:シュリーヌ・ヴァイトラ
出演:NTRジュニア(ラーマ・ラオ)、カージャル・アグルワール(ジャーナキ)、ケリー・ドルジー(サードゥ・バーイ)、ナブディープ(警官アーディ)

ラーマ・ラオは“バードシャー(王の中の王)”の異名をとる暗黒街の切れ者。元は警官志望だったが、死んだと聞かされていた父親がマフィアのボス、サードゥ・バーイの手下だったため、不採用になって希望は叶わなかった。サードゥ・バーイによって窮地に陥った父を助け出し、テロの巻き添えで死んだ兄の復讐のため立ち上がるバードシャー。

アクション映画かと思いきや、人助けに燃える美しい娘ジャーナキとの恋愛もからんでいました。164分の間にさまざまなストーリーが詰め込まれ、ホラー映画の監督やら裏の顔を持つ警官やら、覚え切れないほど登場人物が多いです。有名映画のパロディもそこかしこにあり、色とりどりの幕の内弁当のような映画。
イタリア、スペイン、香港、マカオと世界各国で撮影、そこでの大人数でのダンスと歌のシーンもたっぷり。テルグ語映画史上最大の制作費をかけた作品だそうで、見るからにお金がかかっているのがわかります。NTRジュニアはテルグ語映画界カリスマの孫で、歌と踊りのうまさで人気だとか。テルグ映画のマイケル・ジャクソン?(白)


2013年/インド/カラー/164分/テルグ語/
配給:太秦
http://www.u-picc.com/Baadshah/
★8月9日(土)よりシネマート新宿 ほか全国順次公開予定


posted by shiraishi at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック