2014年07月12日

ママはレスリング・クイーン(原題:LES REINES DU RING)

mamawawrestlingqueen.JPG

監督:ジャン=マルク・ルドニツキ
製作:トマ・ラングマン
音楽:フレッド・アヴリル
出演:マリルー・ベリ(ローズ)、ナタリー・バイ(コレット)、アンドレ・デュソリエ(ルシャール)、オドレイ・フルーロ(ジェシカ)、コリンヌ・マシエロ(ヴィヴィアン)、イザベル・ナンティ(スーパーの社長)

フランス北部の田舎町。服役していたローズは5年ぶりに出所してすぐに最愛の息子ミカエルに会いに行った。里親のもとでの生活に慣れたミカエルは、母のローズに対してすっかり他人行儀になっていた。ミカエルがプロレス・ファンと知ったローズは、彼の心を取り戻したい一心でプロレスラーになろうと決意する。元プロレスラーのリシャールに「仲間を集めたら指導してやる」と言われたローズは勤め先のレジ係の同僚を誘うことに成功。いろいろ訳アリな仲間たちも、ローズの熱意に押され特訓に参加する。はたしてプロレスデビューは叶うのか?

もう決して若くはない仲間たちと無謀な挑戦をするローズ。少し前に公開になった『人生はマラソンだ!』と似たテイストです。あちらはおじさん、こちらはおばさん。女性のほうがハードルが高く、過激かも。映画の冒頭はメキシコの巨漢レスラーに組み伏せられるローズのシーンから。なんでこうなったの?と遡っていきます。レジ仲間たちが個性的で楽しく、プロレスは無理でもほかのことに挑戦する勇気がもらえる作品。ナタリー・バイがコスチューム姿で飛ぶのにはびっくりです。60代半ばなのに、フランスの女優さんもやりますね!
先日ヒューマントラストシネマ有楽町で本編開始前に流れる映画鑑賞マナーのCMに、この『ママはレスリング・クイーン』が使われていました。「携帯電話の電源は切る」とか「ブーイングはなし」とかいうアレ(いつも近日上映の作品で作っています)。この映画のシーンとかぶせたセリフがあまりにぴったりで吹き出しました。予告編の後ご注目ください。(白)


2013年/フランス/カラー/97分/
配給:コムストック・グループ 配給協力:クロックワークス
(C)2013 KARE PRODUCTIONS - LA PETITE REINE - M6 FILMS - ORANGE STUDIO - CN2 PRODUCTION
http://wrestlingqueen.com/

★2014年7月19日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

ミッキーの毎日・映画三昧はこちら
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/397267504.html
posted by shiraishi at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック